@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

帝国美術院【テイコクビジュツイン】

デジタル大辞泉

ていこく‐びじゅついん〔‐ビジユツヰン〕【帝国美術院】
大正8年(1919)文部大臣管轄下に設立された、美術に関する諮問建議機関。帝展主催。昭和12年(1937)帝国芸術院に発展解消。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ていこくびじゅついん【帝国美術院】
1919年(大正8)から37年(昭和12)まで,文部大臣の管理下に設けられた機関。美術に関する諮問に答えること,建議すること,そして官設展(帝展)主催を役割とした。1907年に発足した文部省美術展覧会(文展)も,大正期に入ると在野団体の独立などで弱体化し,審査にまつわる弊害も指摘され,改革を求める声が高まった。そこで19年9月5日,勅令をもって発布されたのが帝国美術院規程である。院長1人,会員15人で組織することが定められ,初代院長に森鷗外が任命された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ていこく‐びじゅついん ‥ビジュツヰン【帝国美術院】
〘名〙 美術の発達に資するため、文部大臣の諮詢に応じ意見を開陳し、美術に関する重要事項の建議を行なうとともに定期に展覧会を開催した機関。大正八年(一九一九)創設。昭和一二年(一九三七)帝国芸術院となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

帝国美術院
ていこくびじゅついん
1919年に設置された文部大臣の諮問機関で,美術発達のための建議を行う
そのおもな事業は帝展を開くことであり,これにより在野の団体を官展に吸収しようとしたが失敗。1937年帝国芸術院を創立し,官制を改めた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

帝国美術院」の用語解説はコトバンクが提供しています。

帝国美術院の関連情報

関連キーワード

グリフィス石英岩ビダー牧野省三ロシア革命史(年表)ドライヤー(デンマークの映画監督)反戦運動ルビッチ三一独立運動ファリャ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation