@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

帝国都市【ていこくとし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

帝国都市
ていこくとし
Reichsstädte
中世における皇帝直属のドイツ都市。領邦君主 (諸侯) に属する領邦都市 Landesstädteと区別される。帝国都市の起源はカロリング朝時代の王宮都市であるが,フリードリヒ2世 (在位 1215~50) の時代に地方領主から分離して帝国自体に属するという観念が確立した。帝国都市の法的地位は皇帝に対し臣従するとともに軍役や税を負担するが,他方ではみずから兵力を擁し,同盟締結権その他の特権を有した。一方,13~14世紀にできた元教会諸侯支配下にあった帝国都市は,軍役や税の負担の必要がなく自由都市と呼ばれていた。その後両者の区別はほぼなくなり,帝国都市は一般に軍役や税負担をかなり免除されて,帝国の行政から実際上独立化していった。帝国都市は概してライン地方から南ドイツにかけて多く,北ドイツには少なかった。またリューベックレーゲンスブルクを結ぶ線以東にはみられなかった。特に有名な帝国都市にバーゼル,シュパイエル,ウォルムス,マインツ,ケルン,レーゲンスブルク,フランクフルトアムマインニュルンベルクなどがある。 1801~10年に帝国都市制度が廃止されたが,ウィーン会議 (1815) で,ハンブルク,リューベック (1937まで) ,ブレーメン,フランクフルトアムマイン (1866まで) が自由都市として復活した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ていこくとし【帝国都市】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

帝国都市
ていこくとし
Reichsstadt ドイツ語

ヨーロッパ中世後期以降、神聖ローマ帝国において、皇帝ないし帝国に直属した都市。もともと領邦都市(領邦君主の支配権に服する都市)と対(つい)をなす概念で、後者に比べ大幅な自立性を有した点が特色であり、そのため帝国都市はしばしば自由都市と同義語とされるが、すべての帝国都市が自由都市になったのは、近世に入ってから、とりわけウェストファリア条約(1648)以降である。中世後期において真に自由都市の名に値したのは、かつての司教座都市が、司教の都市支配権を排除するなかで都市の自治と自由を戦い取り、その特権を皇帝から承認を受けた一部の帝国都市に限られていた。帝国都市は、帝国の構成員として帝国議会に代表を送ることが、大空位時代以降しだいに慣行化し、1498年以降、世俗諸侯、聖界諸侯と並んで、帝国議会内で第三部会を形成するようになった。

[平城照介]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

帝国都市
ていこくとし
Reichsstadt (ドイツ)
中世のドイツで,国王・皇帝に直属した都市
地方領主の支配下にある地方都市(Landstadt)に対して用いられる。国王・皇帝の王宮がある宮廷都市と,国王の直轄領内に生まれた国王都市が最も早く帝国都市となったが,市民勢力が大きくなるにつれて自由都市と呼ばれるようになった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

帝国都市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

帝国都市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation