@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

帝紀【ていき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

帝紀
ていき
古事記』や『日本書紀』の原史料となった書物。奈良時代頃散逸したらしく,原形は伝わっていない。『帝皇日継』とも『先紀』とも『帝王本紀』とも呼ばれたらしい。天皇の名,その世系,后妃,皇子女の名,宮城の所在,治世中の事柄,天皇の年齢と治世年数,山陵の所在などが記されてあったと思われる。『旧辞』とともに口伝えに伝えられたものを6世紀頃筆録してまとめたものらしいが,いろいろの異説を生じて伝えられたため,天武天皇が太安麻呂に命じて整理させた。それが『古事記』である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ていき【帝紀】
天皇の系譜の記録。古事記日本書紀編纂(へんさん)の際、旧辞(きゅうじ)とともに原史料とされたと伝えられる。帝皇日嗣(ていおうのひつぎ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ていき【帝紀】
《古事記》中・下巻は,歴代天皇の系譜やおもな事跡に関する簡単な記録と,歌謡を含む物語部分からなるが,前者が帝紀,後者が旧辞を指すというのが通説である。《古事記》序文中に〈帝皇の日継,先代の旧辞〉などと,系譜と旧辞が対応するごとくに書かれているからである。しかし《新撰姓氏録(しんせんしようじろく)》の例でわかるように,系譜は縁起的な物語をも含む。したがって帝紀とは《古事記》の八代の物語(中・下巻),旧辞とは神代巻を指すという新説も検討に値する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

帝紀
ていき

古代における皇位継承の次第(しだい)を中心とした記録。「帝皇日継(ていおうのひつぎ)」ともいう。旧辞(くじ)とともに『古事記』『日本書紀』の編纂(へんさん)材料となった。帝紀や旧辞には異説が多く、内容にも出入り・異同が少なくなかったが、天武(てんむ)天皇はこれを整理して一つの正説を定めようとした。これが『古事記』編纂の動機となった。したがって帝紀の具体的な内容は『古事記』の記載から帰納的に推測される。すなわち天皇の名、皇居の所在、治世中の重要事項、后妃(こうひ)・皇子女の名、それに関する重要事項、天皇の享年、治世年数、山陵の所在などの諸項目にわたるが、歴代にすべてこれらが含まれていたのではなく、そのうちの若干を欠くこともあったと思われる。

[黛 弘道]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てい‐き【帝紀】
[1] 〘名〙
① 代々の皇帝の即位から崩御までの記録。また、歴史書の帝王に関する記述。〔南史‐周捨伝〕
② (「紀」は、おきての意) 帝王の守るべき法則。帝王のふみ行なうべき道。〔後漢書‐崔駰伝〕
[2] 「古事記」および「日本書紀」の編纂の時、旧辞(きゅうじ)とともに、その材料となった書物。歴代天皇の系譜・事績を書き記したもの。すめらみことのひつぎ。すめらみことのふみ。
※古事記(712)序「諸家の(も)てる帝紀と本辞と、既に正実に違ひ、多く虚偽を加ふ、ときけり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

帝紀
ていき
主として天皇の系譜を記した日本最初の歴史記録
『帝皇日継 (ていおうのひつぎ) 』『帝王本紀』ともいう。『旧辞』とともに5〜6世紀ごろから記録され,記紀編纂の原史料となったが,現存しない。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

帝紀」の用語解説はコトバンクが提供しています。

帝紀の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation