@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

師範学校【しはんがっこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

師範学校
しはんがっこう
小学校,国民学校の教員を養成した旧制の学校。明治5 (1872) 年東京に官立師範学校が創設され,のち次第に各府県に公立師範学校が設けられた。 1886年師範学校令が公布されて師範教育の基礎が確立された。 1907年「二部」課程が設けられ,従前の高等小学校からの進学のほか,中等学校卒業後に入学する道も開かれた。 43年専門学校程度の3年制の国立 (当時は「官立」と称した) の学校に昇格した。第2次世界大戦後は学制改革による学芸学部 (学芸大学) ,教育学部設置の母体となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しはん‐がっこう〔‐ガクカウ〕【師範学校】
教員の養成を目的に設けられた旧制の学校。明治5年(1872)設立。のち、高等・尋常の2種に分け、小学校教員を養成する尋常師範学校をさすようになった。第二次大戦後は、学芸大学ないし国立大学教員養成学部になっている。師範。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しはんがっこう【師範学校】
明治初期から第2次大戦後の教育改革まで存続した小学校教員養成機関。フランスのエコール・ノルマルécole normaleに由来する。1872年(明治5)東京に師範学校(後の高等師範学校)が設置され,同校にアメリカ人M.M.スコットを教師として招き,アメリカの教授法を導入した。翌73年大阪,宮城,74年広島,長崎,新潟そして東京に女子の各官立師範学校が設置された。各府県には講習所,養成所などの速成養成機関が設置されたが,75年前後から漸次府県立の師範学校として再編統合され,東京の男女両師範学校を除く官立師範学校をも吸収,81年師範学校教則大綱,83年府県立師範学校通則によって本格的な小学校教員養成機関として整備された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しはんがっこう【師範学校】
教員養成のための旧制の学校。1872年(明治5)設立。のち、高等と尋常とに分けた。尋常師範学校を単に師範学校とも呼ぶ。学芸大学や諸大学の教育学部の前身。師範。 → 高等師範学校女子高等師範学校女子師範学校

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

師範学校
しはんがっこう
もっぱら初等学校教員の養成を目的とした学校。[津布楽喜代治]

歴史

19世紀中葉に欧米諸国において国民普通教育制度の成立とともに、その直接的な担い手として大量の教員が必要となり、これを養成する学校として師範学校が設立された。アメリカではノーマル・スクール、フランスではエコール・ノルマル、イギリスではトレーニング・スクール、プロイセン(ドイツ)ではレーラーゼミナールとよばれていた。ノーマル・スクールはラテン語のノルマに由来するが、そもそも大工のかね尺の意であり、型、模範、法則を意味した。つまり、教授の型ないし法則(教授法)を教える学校であった。
 日本では、1872年(明治5)に東京に師範学校が設けられ、アメリカ人教師スコットMarion McCarrell Scott(1843―1922)を招いて小学教授法を教えたのが最初であり、徐々に他の府県にも師範学校が広がった。そして86年に、初代文部大臣森有礼(ありのり)のもとで師範学校令が制定され、順良、信愛、威重(いちょう)の3気質を目標とする師範学校教育の輪郭がほぼ整備された。その後1907年(明治40)に、それまでの高等小学校修了者を入学させる本科一部(4年制)のほかに、中学校・高等女学校の卒業者を入学させる本科二部(1年制)が設けられ、31年(昭和6)にこれが2年に延長され、一部・二部併置を原則とすることに改められた。さらに43年には専門学校と同程度の教育機関となり、府県立から官立に改められた。また、1935年に青年学校教員養成所が設けられた(1940年に青年師範学校と改称)。[津布楽喜代治]

基本的性格

日本も含めて、前述の諸国の師範学校には共通の特徴がみられる。教育組織面では、(1)初等学校修了を入学資格とする中等学校レベルの教育機関、(2)無月謝・給費制とその代償措置としての服務義務制(卒業後一定年限、管内の初等学校に奉職する義務)、(3)全員入寮の寄宿舎制(舎監の厳しい監督のもとで形式と規則が支配し没個性化・画一化を助長)などである。日本では、前述の師範学校令のもとで、これらのことがすでに定められていた。教育内容面では、(1)将来教える教科内容への精通、(2)その教科の教授法と生徒管理法、(3)これらを実際に訓練する教育実習に力点が置かれた。以上のことを整理してみると、師範学校の基本的性格は次のように描くことができる。
〔1〕目的の単一性 師範学校は教員養成を唯一の目的とする学校であり、しかも、もっぱら初等教員を養成するというきわめて限定された目的学校であった。日本でも、師範学校の目的は「小学校教員ヲ養成センカ為(ため)ニ」(1880年改正教育令33条)と明定されていた。
〔2〕閉鎖制 師範学校は初等学校修了者を入学させ、比較的短期の養成を施して初等学校の教員として送り出したのであり、初等教育系統の学校であった。日本でも、すでに「学制」(1872)において、一般学校体系から分離して特設する方針がとられていた。
〔3〕教授技術と使命感 師範学校では、初等教科の教授法と初等教育に献身する使命感が強調され、涵養(かんよう)された。
 以上の目的の単一性や人物養成に支えられた優れた教授技術と教職への強い使命感が師範学校教育の核心をなしていたといえる。[津布楽喜代治]

師範学校教育の評価

師範学校は1949年(昭和24)から国立の教育大学・学部等に改編され、50年ごろその幕を閉じた。それから約半世紀を経て、国立大学の独立行政法人化等の改革のなかで、教育大学・学部は大きな問題に直面している。教育大学・学部の再編統合が計画されているが、地域の国民普通教育の発展を推進してきた師範学校教育の伝統をどのように継承発展させていくかが改めて検討課題とされよう。「教えるプロとしての教師の育成」(文部科学省「21世紀教育新生プラン」2001年)を目ざすとき、前述のような師範学校教育の特色、すなわち優れた教授技術と教職への強い使命感に支えられた専門性の教育は参考になるであろう。[津布楽喜代治]
『唐澤富太郎著『教師の歴史』(1955・創文社) ▽中島太郎編『教員養成の研究』(1961・第一法規出版) ▽中内敏夫・川合章編『教員養成の歴史と構造』(1974・明治図書出版) ▽篠田弘・手塚武彦編『学校の歴史第5巻 教員養成の歴史』(1979・第一法規出版) ▽水原克敏著『近代日本教員養成史研究――教育者精神主義の確立過程』(1990・風間書房) ▽三好信浩著『日本師範教育史の構造――地域実態史からの解析』(1991・東洋館出版社) ▽影山昇著『日本の教育の歩み――現代に生きる教師像を求めて』増補版(1995・有斐閣) ▽浦野東洋一・羽田貴史編『変動期の教員養成――日本教育学会課題研究「子ども人口減少期における教員養成及び教育学部問題」報告書』(1998・同時代社) ▽山田浩之著『教師の歴史社会学――戦前における中等教員の階層構造』(2002・晃洋書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しはん‐がっこう ‥ガクカウ【師範学校】
〘名〙 教員養成専門の学校。明治五年(一八七二)東京に設置され、翌年から各府県に官立・公立のものが置かれた。同一九年の師範学校令で高等、尋常の二種となり、同三〇年の師範教育令で女子高等師範が独立するとともに、中等学校教員を養成するための高等師範学校と区別して、小学校教員養成のための尋常師範学校を単に師範学校と称することとした。第二次大戦後、昭和二二年(一九四七)の学校教育法により廃止、各都道府県に置かれた国立大学の教員養成を目的とする学部がこれにかわった。師範。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

師範学校」の用語解説はコトバンクが提供しています。

師範学校の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation