@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

師範【シハン】

デジタル大辞泉

し‐はん【師範】
人の手本となること。また、その人。模範。「世の師範と仰がれる」
学問・技芸を教える人。また、その資格。「柔道の師範
師範学校」の略。「女子師範

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しはん【師範】
人の手本となること。また、手本となる人。 -として仰がれる
学問・武芸・技芸などの先生。また、資格の名としても用いる。 -になる
「師範学校」の略。 -出の先生

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐はん【師範】
〘名〙 (「師」は教えみちびく人、手本となる人。「範」は手本の意)
① 人の手本となること。また、その人。模範。亀鑑。師表。
※令義解(718)職員「太政大臣一人。右師範一人。儀形四海。〈謂。師者。教人以道者之称也。範者。法也〉」 〔後漢書‐楊賜伝〕
② 学術、技芸を教える人。師匠。先生。また、その資格にもいう。
※続日本紀‐養老五年(721)一月甲戌「宜於百僚之内、優遊学業、堪師範、特加賞賜、勧励後生
※黄表紙・高漫斉行脚日記(1776)上「俳諧の師範(シハン)をしてくらしけるが」
③ 仏門の高僧、または指導的立場にある僧。師僧。
※七箇条起請文(1204)「一可止自説仏教邪法正法、偽号師範説事」
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉一〇「中学と師範とはどこの県下でも犬と猿の様に仲がわるいさうだ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

師範」の用語解説はコトバンクが提供しています。

師範の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation