@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

帯鋼【おびこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

帯鋼
おびこう
hoop
鋼塊を圧延して帯状にした鋼板。普通厚さ 3mm以下で幅 500mm以下のものをさす。多くはコイル状 (薄いもので長さ 1000m以上) で出荷される。帯鋼圧延機による加工や広幅鋼を縦剪断して製造される。一般に熱間圧延による熱圧延帯鋼 (黒帯鋼) が多いが,その2~3割以上がさらに冷間圧延され,表面の均一で美しい光沢をもつ磨き帯鋼として利用される。用途はドラム缶材,車両用材,電気機器部材,農機具玩具など広範囲にわたる。また炭素鋼刃物鋼ステンレス鋼などを素材とした磨き特殊帯鋼があり,安全かみそり刃,ぜんまい,帯鋸などに利用されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おび‐こう〔‐カウ〕【帯鋼】
薄く長い帯状の鋼板。ふつう厚さは6ミリ以下。ストリップ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

帯鋼
おびこう

帯状に著しく長い板状に圧延された鋼材。ストリップstripともいう。切断して板となり、また丸めて管をつくる素材として用いられる。

[須藤 一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おび‐こう ‥カウ【帯鋼】
〘名〙 帯状に長くて薄い鋼(はがね)。箱や樽に巻きつけるのに使う。
※日本拝見‐呉(1955)〈臼井吉見〉産業革命「最新式のアメリカ製の機械を据えつけて、帯鋼をつくっている」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

帯鋼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

帯鋼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation