@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

帰一倍一【きいちばいいち】

精選版 日本国語大辞典

きいち‐ばいいち【帰一倍一】
〘名〙
① 珠算で除数が二桁以上のときに使う九九。立てた商が大き過ぎるとき商から一を引き、被除数のところに除数の一つ分を加えるときの呼び声。
※塵劫記(1627)上「見一無頭作九一・帰一(きいち)倍一(ばいいち)・一進の十 是れは十一より十九の上の半(は)に割る時入り申す也。又百の上の半も千の上の半に割る時も同前」
② まさっていること。一倍。一層。ますます。副詞的にも用いられる。
※浄瑠璃・蒲冠者藤戸合戦(1730)三「算用のしめくくりよき悪意地は、殺すに帰一倍一の粒のはじきぞ是非もなき」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

帰一倍一」の用語解説はコトバンクが提供しています。

帰一倍一の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation