@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

帰巣【きそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

帰巣
きそう
homing
動物が特定の場所へ戻ることをいう。ハチ類が採餌場所からへ戻る場合や,もっと大規模な回帰の渡りなどに典型的にみられる。ハチや鳥の場合には,太陽位置などが目印に,サケなどが生れたに戻る場合には,河口近くでは匂いが関係している。また伝書バトの場合には学習も関連している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

き‐そう〔‐サウ〕【帰巣】
動物が自分の巣や繁殖場所に再び帰ってくること。「帰巣本能」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐そう ‥サウ【帰巣】
〘名〙 動物が、巣から遠く離れてもまたそこへ帰って来ること。
※鳥獣戯話(1960‐62)〈花田清輝〉三「動物には帰巣しようとする習性がある」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

帰巣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

帰巣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation