@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

常会【じょうかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

常会
じょうかい
日本国憲法上,毎年1回召集される国会をいい (52条) ,一般には通常国会と呼ばれる。憲法がこのように常会や臨時会 (53条) について規定しているところからみて,会期制度前提にされているものと解される。国会法によれば,常会は毎年1月中に召集するのを常例とし (2条) ,会期は 150日である (10条) 。ただし,両議院一致で (もっとも,一致しないときまたは参議院が議決しないときには衆議院の議決したところによる) 会期を1回延長することができる (12,13条) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じょう‐かい〔ジヤウクワイ〕【常会】
(「定会」とも書く)時期を決めて開く会合。定期的な会合。
通常国会」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょうかい【常会】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

常会
じょうかい

毎年1回定例として召集される国会の会期をいう(憲法52条)。通常会、通常国会ともよばれる。以前は12月中に召集されたが、1992年(平成4)の123通常国会から1月中に召集されるようになり、会期は150日である。常会の召集を決定するのは内閣か国会かについて説は分かれるが、内閣の助言と承認により天皇が国会を召集するという規定(憲法7条2号)や、内閣が臨時会の召集を決定する規定(憲法53条)からみて、内閣が召集すると一般に解される。両議院一致の議決で1回だけ延長することができる。一致の議決に至らないとき、または参議院が議決しないときは、衆議院の議決によることになっている。なお、地方議会で常会に相当するものを定例会といい、毎年、4回以内において条例で定める回数招集される(地方自治法102条)。

[池田政章]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょう‐かい ジャウクヮイ【常会・定ヂャウ会】
〘名〙
① 一定の期日を定めて定期的に開かれる会合。通常の集会。通常会。
※黄表紙・高漫斉行脚日記(1776)上「おりおり月なみの定会(ヂャウクヮイ)をもよほしける」
② 毎年一回定期に開かれる国会。一月に召集され会期は一五〇日。通常国会。
※大日本帝国憲法(明治二二年)(1889)四三条「臨時緊急の必要ある場合に於て常会の外臨時会を召集すべし」
※日本国憲法(1946)五二条「国会の常会は、毎年一回これを召集する」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

常会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

常会の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation