@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

常圧蒸留【じょうあつじょうりゅう】

世界大百科事典 第2版

じょうあつじょうりゅう【常圧蒸留】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

常圧蒸留
じょうあつじょうりゅう
atomospheric distillation

広義には液体を常圧下で蒸留することをいうが、通常、原油の常圧下における蒸留をさし、トッピングtoppingともいう。石油精製法の第一段階にあたり、この操作で原油はまず沸点範囲の差により、蒸留ガス、軽質ナフサ、重質ナフサ、灯油、軽油、重質軽油などの各留分に大別され、これらが各種石油製品の原材料となる。常圧蒸留で留出するのは沸点約350℃までの成分で、残余は常圧残油として重油材料となるか、あるいはさらに減圧蒸留用の材料となる。

[原 伸宜]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

常圧蒸留
ジョウアツジョウリュウ
atmospheric distillation

液体混合物を常圧下で蒸留し,沸点によって分離する方法.とくに石油工業においては,原油を常圧下で加熱し,沸点によってガス,ナフサ灯油軽油などの各留分,および残油に分別する石油精製の第一段階で行う操作のことをいう.このため,常圧蒸留装置の能力は,石油精製全体の能力を代表するものとなる.常圧蒸留を行う装置は,トッパーとよばれている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

常圧蒸留
じょうあつじょうりゅう
トッピング」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

常圧蒸留」の用語解説はコトバンクが提供しています。

常圧蒸留の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation