@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

常寧殿【ジョウネイデン】

デジタル大辞泉

じょうねい‐でん〔ジヤウネイ‐〕【常寧殿】
平安京内裏十七殿の一。貞観殿の南、承香殿(しょうきょうでん)の北にあった。皇后女御居所で、五節舞(ごせちのまい)も行われた。五節殿后町(きさいまち)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょうねいでん【常寧殿】
平安宮内裏の中心的建物の一つ。皇后,女御の常住する建物。后町(きさきまち)と称されたこともある。貞観殿の南,承香殿の北にあたる。北の貞観殿とは2本の渡廊で,南の承香殿とは后町廊でつながっているが,承香殿との間は瓦垣でへだてられており,常寧殿と貞観殿とは内裏の中でももっとも奥まった区画を構成していたものと思われる。常寧殿の南東には麗景殿南西には弘徽殿があって,常寧殿とのあいだは立蔀(たてじとみ)でへだてられていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

常寧殿
じょうねいでん

平安宮内裏(だいり)の殿舎の名。内裏中央貞観殿(じょうがんでん)の南に位置する。皇后・女御(にょうご)の居所。后町(きさきまち・きさいまち)ともいう。東西7間、南北2間の母屋(もや)の四面に庇(ひさし)、西に孫庇がある南向きの建物。中央を通る馬道(めどう)で東西に分けられる。馬道から承香殿(しょうきょうでん)に続く土間の后町廊の東側には后町井がある。11月中旬に行われる、舞姫による舞楽を中心とした行事「五節(ごせち)」のなかで、常寧殿に設けた帳台(ちょうだい)を舞台として舞姫が舞の稽古(けいこ)をし、それを天皇が見物する「帳台の試(こころみ)」が行われ、そのため五節殿ともよばれた。

[吉田早苗]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょうねい‐でん ジャウネイ‥【常寧殿】
平安京内裏の殿舎の一つ。北より中央、貞観殿の南、承香殿の北にあった。皇后、女御が居住。五節(ごせち)の舞が催される。五節殿。后町(きさいまち・きさきまち)。常寧。
※文徳実録‐天安二年(858)三月丙子「於常寧殿、初令般若波羅蜜多理趣経百巻

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

常寧殿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

常寧殿の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation