@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

常道【ジョウドウ】

デジタル大辞泉

じょう‐どう〔ジヤウダウ〕【常道】
つねに人間が守るべき道。「常道を踏みはずす」
だれもがとる普通のやり方。一般の原則にかなったやり方。「商売の常道

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じょうどう【常道】
常に変わらない真理。人が守るべき道。
原則にかなった方法。普通のやり方。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょう‐どう ジャウダウ【常道・定ヂャウ道】
〘名〙
① 決まっていて変わらない道。一定不変の道。〔改訂増補哲学字彙(1884)〕 〔史記‐蔡沢伝〕
② 不変の真理。常に人が守るべき道徳。
※菅家後集(903頃)叙意一百韻「性莫常道、宗当自然
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉七「文明の人間に必要な服装を脱ぎ棄てる化物の団体であるから、無論常規常道を以て律する訳にはいかん」 〔老子‐一章〕
③ 通常の道。誰でもがふつうに行なうやり方。
※日本外史(1827)一四「親先子而死常道也」
※破戒(1906)〈島崎藤村〉一三「此の生存競争の社会に立たうといふのですから、勢ひ常道を踏んでは居られなくなる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

常道」の用語解説はコトバンクが提供しています。

常道の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation