@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

常陸国風土記【ひたちのくにふどき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

常陸国風土記
ひたちのくにふどき
常陸国 (茨城県) に関する古代の地誌。1巻。和銅6 (713) 年の官命によってつくられた「古風土記」の一つ。現在省略本しか伝わらない。養老2 (718) 年以前の筆録をもとに,同7年頃までに完成したと推定されている。最終的編纂,筆録者として当時常陸国司であった藤原宇合 (うまかい) ,宇合の下僚であったらしい万葉歌人高橋虫麻呂の名があげられている。ほぼ純粋な漢文体を基調とし,四六駢儷 (べんれい) 体で文章を飾ろうとする意識が濃厚。伝説,説話を多量に含み,現存古風土記中最も文学性が高い。内容的には日本武尊関係の伝承の多いことが注目される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ひたちのくにふどき【常陸国風土記】
713年の詔により作られた風土記の一。一巻。養老年間(717~724)成立。常陸国の地名の由来や伝承などを漢文で記す。現存本は常陸国一一郡のうち白壁・河内の二郡を欠いて計九郡の地誌を収めるが、その他の郡にも省略が多い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

常陸国風土記
ひたちのくにふどき
地誌。一巻。718年(養老2)までの筆録をもとに722、723年ごろに完成したものと推定される。説話が豊富で歌謡も多い。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひたちのくにふどき【常陸国風土記】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

常陸国風土記」の用語解説はコトバンクが提供しています。

常陸国風土記の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation