@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

常陸風土記【ヒタチフドキ】

デジタル大辞泉

ひたちふどき【常陸風土記】
奈良時代の常陸国の地誌。1巻。和銅6年(713)のにより撰進された風土記の一。養老年間(717~724)に撰進。11郡中9郡の記事が残っている。常陸国風土記

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

常陸風土記
茨城県鹿嶋市に本店を置く和菓子店、丸三老舗が製造・販売する和菓子。求肥を手作業で炊き上げた大納言小豆で包んだもの。天皇陛下献上菓子としても知られる同店の代表銘菓。抹茶味もある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひたちふどき【常陸風土記】
地方誌。和銅六年(七一三)の中央官命によって常陸国国司から報告した上申文書。解文(げぶみ)の体裁をもち、藤原宇合が編纂に関係し、養老年間(七一七‐七二四)末頃までに成立したと推定される。官命に応じて地理、産物、古伝承などを記す。現存本は白壁・河内二郡の記事を欠き、首巻と行方(なめかた)郡以外は省略が多い。常陸国風土記。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

常陸風土記」の用語解説はコトバンクが提供しています。

常陸風土記の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation