@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

帽子【ぼうし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

帽子
ぼうし
元来,広義には布製のかぶりもの,狭義には烏帽子 (えぼし) の略語として使われたが,近代になって洋装が普及し,西洋のかぶりものが一般化すると,部分的にはわら帽子,綿帽子などの語を残しながら,主として西洋風のかぶりものをさすようになった。この意味での帽子は,ベール,フードなどとは区別され,名称にも分化が起った。大別するとシルクハットフェドーラなどのブリムのあるハット hatと,それがないベレー帽ハンチングなどのキャップ capがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぼう‐し【帽子】
寒暑やほこり・直射日光などを防ぎ、また身なりを整えるために頭にかぶるもの。
綿帽子などの女性のかぶりもの。
野郎帽子」の
烏帽子(えぼし)」の略。
物の頭部にかぶせるもの。
鋩子(ぼうし)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もう‐す【帽子】
《「す」は唐音禅宗で、侶のかぶる頭巾(ずきん)。
「―、したうづやうのもの、心々に送りつどひて」〈笈の小文

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぼうし【帽子】
防寒・防暑または礼装,装飾を目的としたかぶり物。その発生の歴史は古く,種類も多様である。クラウン(山の部分)とブリム(つば)からなるハットhat,頭巾型のフードhood,つばのないキャップcap,ひさしがつきあごで結ぶボンネットbonnetなどが基本型といえよう(図)。
[古代]
 頭に何物かをかぶるという習慣は古くから発生していた。しかし,それは現代の帽子とは多分に異なった意味をもっていた。宝石,貴石,金などを素材としたエジプトのかぶり物は,王侯貴族の権威象徴と呪術的な意義をもっていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぼうし【帽子】
(1)仏事の装束名。牟子とも書く。白羽二重などの幅広く長い裂地(きれじ)の両端を縫い合わせて輪状にしたもので,これを畳んで形を整え,首をとおしてに掛ける。防寒用の被服から出発して儀礼衣帯(えたい)となったものなので,一定の資格以下の者は使用できないとか,夏季には使用しないとか,宗派によるきまりがある。また管長その他の高位の僧が頭上からかぶる宗派もある。縹帽子(はなだぼうし)という別称があり,能装束の花帽子(はなのぼうし)という名はこれから出たというが,実際に縹色(青色)の帽子を用いることがあるのは,真言系諸宗だけである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぼうし【帽子】
頭にかぶる装身具。
寒暑やほこり・落下物などから頭部を防護し、また身なりを整えるもの。帽。
烏帽子えぼし・頭巾ずきんなど布製のかぶりものの総称。船に乗りたる翁の-を着たる、漕ぎ来たりて/今昔 10
野郎帽子の略。つかに手をかくるは、-かけたる立役なるべし/あやめぐさ
綿帽子に同じ。
より転じて 物の頭部にかぶせるもの。
囲碁で、相手の石が中央に進出するのをはばむように、一ないし二路へだてた点にかぶせるように打つ手。
鋩子ぼうしに同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もうす【帽子】
もうは呉音。は唐音
僧のかぶる帽子ぼうし・頭巾。宗派により各種ある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼう‐し【帽子】
〘名〙
① 頭にかぶるもの。
(イ) 昔、布で作ったかぶりものの総称。頭巾。
※西宮記(969頃)一七「帽子、鷹飼所用。押帽子、犬飼所用」
※申楽談儀(1430)能の色どり「空也上人の能などに、錦紗をぼうしに着る、是も何とやらん悪し」
(ロ) 烏帽子(えぼし)をいう。
※禁秘鈔(1221)下「切紐引入帽子、如面縛
(ハ) 野郎歌舞伎の俳優が額に置き手拭(てぬぐい)をしたのが変じてかぶりもののようになったもの。また、それを模倣して紫ちりめんなどで作ったかぶりもの。江戸時代の女形が常用した。野郎帽子。
※評判記・難波の㒵は伊勢の白粉(1683頃)二「かしらはぼうしおびは天鵝絨(びろど)
(ニ) 真綿を平たくひろげて作るかぶりもの。初めは防寒用であったが、後に婚礼の際の花嫁のかぶりものとなった。綿帽子。
※浄瑠璃・仮名手本忠臣蔵(1748)九「鶯の梅見付たるほほ笑顔まぶかに、着たる帽子(ボウシ)の内」
(ホ) 近代以降、頭にかぶって寒暑やほこりなどを防ぎ、また身なりを整えるもの。洋服・和服ともに用い、用途によって多くの種類がある。
※西俗一覧(1869)〈黒沢孫四郎訳〉人を訪ふ事「朝人を訪ふ時は玄関に帽子を置くべからず」
② 手燭などにかぶせる紙張りのおおい。
※浮世草子・本朝諸士百家記(1709)七「ぼうしきせたる手燭をかかげ」
③ (鋩バウ子) 刀剣の切先(きっさき)のこと。また、切先の焼刃のことをもいう。鋩子先(ぼうしさき)。〔刀剣略説(1783)(古事類苑・兵事二八)〕
④ 大型和船の筒(つつ)(帆柱を立てる際の受柱)の上部木口を覆う材。帆柱を倒したとき、筒に挿入した指天(さしあま)の下部を受ける材を兼ねる。筒の上端にかぶせるのでこの名があり、通常関船・小早など軍船造りの筒につけるが、弁才船などの荷船造りには設けない。
※瀬戸流秘書(1663)船之法筒之目録「ぼうしの厚さ、つつに壱みなわおち申候」
⑤ 囲碁で、相手の石の中央への進出をはばんで、一路ないし二路隔たった点にかぶせるように打つ手。
[語誌](1)平安時代にすでに「えぼし(烏帽子)」といった複合語形が見られ、古くから日本語として使用されていた。禅宗においては、モウスと読み、僧侶の被りものの名称とされた。
(2)「帽子」の字音仮名遣いは、本居宣長の「字音仮名用格」によって「ばうし」とされ、昭和前期まではこの仮名遣いによっていたが、有坂秀世の「『帽子』等の仮名遣について」によって、「ぼうし」に訂正された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼ‐し【帽子】
※太平記(14C後)三八「帽子(ボシ)を脱せ」
※文明開化(1873‐74)〈加藤祐一〉初「帽子(ボシ)はかならず着べき道理」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もう‐す【帽子】
〘名〙 (「もう」は「帽」の呉音。「す」は「子」の唐宋音) 禅宗で、僧がかぶる頭巾(ずきん)の一つ。形は一定しない。
※庭訓往来(1394‐1428頃)「半装束数珠・帽子・直綴」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

帽子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

帽子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation