@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

幕府海軍【ばくふかいぐん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

幕府海軍
ばくふかいぐん
江戸幕府が創設した近代海軍。嘉永6 (1853) 年ペリー第1回来航の直後,老中阿部正弘の提議により洋式海軍の建設を決定。オランダの全面的協力のもとに,安政2 (55) 年長崎に海軍伝習所を創設したのがり。同4年には江戸築地に,また元治1 (64) 年には神戸に,海軍操練所が設けられた。海軍奉行勝海舟をはじめ,坂本龍馬,榎本武揚,五代友厚ら,佐幕派,討幕派を問わず有為な人材を輩出し,明治期日本海軍の基礎となった。オランダ政府から寄贈された幕府最初の洋式軍艦『観光丸』,渡米使節を乗せて行った『咸臨丸』,最初の国産艦『千代田形』など,最盛時には 45隻を保有。江戸城明渡しの際に,うち8隻を軍艦奉行榎本武揚らが奪い,箱館戦争 (→五稜郭の戦い ) で官軍と戦って崩壊した (→箱館湾海戦 ) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幕府海軍」の用語解説はコトバンクが提供しています。

幕府海軍の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation