@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【のぼり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


のぼり
祭礼,戦陣などに用いる一種のぼり旗のといわれる。上部と横側に乳 (ち。竿などを通すためにつけた小さな輪) をつけて竿に通す。旗は元来高く掲げ,風にひるがえることを特徴としたが,そうすると旗のがほかの物にからみ,戦陣で使うのに不便であったので,乳を用いるようになった。幟が祭礼に使われるのは,神霊依代 (よりしろ) を意味している。幟以前には,単に高い竿に緑の葉を挿して立てる形式であったと思われる。商店の売出しや劇場,相撲小屋の前に幟が立て並べられるのは,その目立つところを広告や装飾応用利用したもの。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

し【幟】[漢字項目]
[音]シ(呉)(漢) []のぼり
〈シ〉目じるしとする旗。「旗幟
〈のぼり〉「鯉幟(こいのぼり)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のぼり【×幟】
《「上(のぼ)り」と同語源》
細長い布の端につけた輪にさおを通し、立てて標識とするもの。軍陣・祭礼・儀式などに用いる。のぼりばた。
端午の節句に飾られる五月幟(のぼり)。また、鯉(こい)のぼり。 夏》「門の木にくくし付たる―哉/一茶

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

のぼり【幟】
旗の一種,昇旗(のぼりばた)の異称。本来は神を迎える招代(おぎしろ)として立てられたが,のちに一般に標識として用いられるようになった。(ばん)形式の流れ旗が風にひるがえりよじれ,保持が困難で,明示の用を欠くので,竿頭に折りかけの金具を差しこみ,これに幡の紐を結びつけ,幡の左側の縁に,一定の間をおいて,〈乳(ち)〉という布・革製の輪をとじつけ,竿を通し,布地を広げた形に保持した。後には上縁にも乳をつけるようになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)


のぼり

旗の一種。古式の旗である長旗の上辺に横上(よこがみ)をつけ、緒を設けて旗竿(はたざお)に結び付けたいわゆる流(ながれ)旗に対し、上辺と縦の一辺に乳(ち)をつけ、竿を通して二辺を固定した形式の旗をさす。流旗は、長くなびき竹木に絡まって不便なため案出された(『武用弁略』)というが、長旗の文様、意匠がより顕示されるためのくふうであり、集団戦の発達とともに、その軍事拠点、階層、所属などを明示する必要に応じた旗の一形式である。『南方紀伝』に、1456年(康正2)、畠山政長(はたけやままさなが)、義就(よしなり)の同族の戦争のおり、両者同じ旗で敵味方の識別がむずかしいので、政長が自軍の流旗に乳をつけ、竿を通して押し立てたのが幟の起源とあるが、確証はない。『三儀一統大双紙』に「旗の乳」の語があり、『日葡(にっぽ)辞書』(1598刊)にも「Nobori」と立項され、軍陣所用の旗とあるので、中世末期、戦国時代には普及していたのであろう。したがって『伊達(だて)日記』『水沢軍記』『大友興廃記』『安土(あづち)日記』『清正(せいしょう)記』などの軍記類、『長篠(ながしの)合戦図屏風(びょうぶ)』『関ヶ原合戦図屏風』『大坂夏の陣図屏風』などにみえる幟の描写は、後代の成立ではあるが、ほぼ戦国時代以降の実状を物語るものと考えられる。一般には、横手を竿の上端近くにつけて、長旗の上辺と、縦の左側に乳または縫含(ぬいぐるみ)(袋乳(ふくろち))をつけて、竿を通して張り立て、横手の上に招(まねき)と称する小形の長旗をつけるのが近世の定形で、乳付の長旗、縫含旗とも称される。大馬印(おおうまじるし)、旗指物(はたさしもの)の類には幟旗形式が多く、中世末期から近世初頭以降、流旗は衰退して軍陣から姿を消してしまう。したがって、幟旗が軍陣の旗の定式となり、意匠は簡明、闊達(かったつ)、長大なものとなり、1か所に同意匠のものを多数そろえて林立せしめ、自軍の勢力を誇示し、士気を高揚するとともに敵を威嚇した。武田信玄(しんげん)の孫子の旗5張、武田菱(びし)の紋の旗5張、また、徳川将軍家の総白(そうじろ)の旗20張、紋の旗7張などはその例であって、近世、軍陣の旗とは幟をさすのである。

[山岸素夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

のぼり【幟】
〘名〙 (「のぼり(上)」と同語源)
① 旗の一種。細長い布帛の上部と横の一方に乳(ち)をつけ、それに横上(よこがみ)の棒と竿を通し、軍陣や寺社、また船首などに標識として用いる。幟旗(のぼりばた)
※伊達日記(1600頃か)下「のぼり三十本、紺地に金の丸」
② 端午(たんご)の節供に立てる五月幟。こいのぼり。《季・夏》
※浮世草子・好色一代女(1686)六「幟(ノボリ)は紙をつぎて、素人絵を頼み」
③ (②から転じて) 男の子。
※雑俳・柳多留‐六六(1814)「お妾は幟を産て立られる」
④ 近世、山城国紀伊郡(京都市南区)吉祥院の近くに住み、二条城外の清掃に従事した人々の称。罪人を道にさらすときに、その姓名、罪状をしるした幟を持って先行したところからいう呼び名。〔雍州府志(1684)〕
⑤ 江戸時代、仕置場または罪人引回しの際、立てたり、持ち歩いたりした、罪状を記した幟。紙幟。〔刑罪大秘録(1814か)(古事類苑・法律三四)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

幟の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation