@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ばん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


ばん
サンスクリット語の patā訳語で,波多迦とも音写する。平安時代の『倭名類聚抄』では「波多 (はた) 」と和訓。教で,仏菩薩威徳を示す荘厳 (しょうごん) の一つ。材料によって裂製幡,金銅幡,糸幡,玉幡,板幡,紙幡などに分けられ,その他,色相,大きさによって区別がある。また,用いる場所によって堂・庭・屋上・高座天蓋幡など,用法によって続命・命過・送葬・施餓鬼幡など,図様によって仏像種子三昧耶 (さんまや) ・蓮華幡などの各呼称がある。一般の和幡の形状は三角形の首部の下に3,4,または6面の四角形の幡身を連結し,その左右に小さい裂 (手) を出し,最下部に2~5条の足を垂らす。最古の遺例は法隆寺旧蔵の『金銅灌頂 (かんじょう) 幡』 (国宝,東京国立博物館) で灌頂のときの荘厳に用いたと思われ,飛鳥時代の彫金の代表作。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はん【幡】[漢字項目]
人名用漢字] [音]ハン(漢) バン() マン(慣)
旗。のぼり。「幡竿(はんかん)/幢幡(どうばん)
[難読]八幡(はちまん)八幡(ばはん)八幡(やわた)八幡(やはた)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばん【×幡】
《〈〉patākāの訳》仏・菩薩(ぼさつ)の威徳を示すための仏具で、法要説法のとき、寺院境内や堂内に立てる飾り布。三角形の首部の下に方形の身をつけ、その下に数本の脚を垂らしたもの。はた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まん【幡】[漢字項目]
はん

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばん【幡】
仏や菩薩などを荘厳・供養し,その威徳を標示するのこと。旛とも書く。サンスクリットのパターカーpatākāの訳。同じような旗に幢(どう)(サンスクリットでドバジャdhvaja)があり,〈幢幡〉と熟語にしていわれることもあるが,両者の区別は必ずしも明確ではない。幡には種々の功徳があるとされ,またその素材や形状,立てる目的などによって,玉幡(ぎよくばん∥たまのはた)(宝玉で装飾した幡),平幡(ひらはた)(平絹の幡),糸幡(いとばた)(糸を束ねた幡),五色幡(青・黄・赤・白・黒の5色の幡),灌頂幡(かんぢようばん)(幡が灌頂の功徳を備えることからいう),命過幡(みようかばん)(薦亡幡(せんもうばん)ともいい,死者の追善のために立てる幡),続命神幡(ぞくみようしんばん)(延命を祈って立てる幡),送葬幡(葬列に用いる幡)などがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)


ばん

仏(ぶつ)・菩薩(ぼさつ)の威徳を示す荘厳(しょうごん)具。梵語(ぼんご)のパターカーpatākāに由来し、古代インドの軍旗が源流で、初めは仏教教団の標章に用いられたが、のちに法会や説法のとき堂内や境内にかける荘厳具となった。材質的には布製の裂(きれ)幡が多く、ほかに金銅幡、玉(ぎょく)幡などがあり、用途により内・外(げ)陣幡、灌頂(かんじょう)幡、命過(みょうか)幡、送葬幡などとよばれる。また色や模様によって青幡、五色幡、仏像幡、菩薩幡、種子(しゅじ)幡、三昧耶(さまや)幡など各種ある。通常、舌(ぜつ)をもつ三角形の幡頭の下に、長方形の幡身、その両わきに幡手、幡身の下に幡足をつける。幡身は3~4坪にくぎられるのが通例で、竿(さお)の先端につけた竜頭の口に吊(つり)金具でかけて用いることが多い。金銅幡は透(すかし)彫り、線彫りを施した金銅板を蝶番(ちょうつがい)、針金でつなぎ合わせ、玉幡は各種の玉をつないだものである。

 わが国では飛鳥(あすか)・奈良時代に優品が多く、法隆寺伝世品には蜀江錦(しょっこうきん)で仕立てた聖徳太子ゆかりの間道(かんどう)小幡(国指定重要文化財)、全長5メートルに及ぶ献納宝物の金銅灌頂幡(国宝、東京国立博物館)が名高く、正倉院にも聖武(しょうむ)天皇一周忌法要が東大寺で営まれたとき使われた数百旒(りゅう)の錦・羅(ら)の幡のほか、金銅幡四旒など多数が残っている。平安後期の遺品では岩手・中尊寺金色院の幡頭二枚と、迦陵頻伽文(かりょうびんがもん)を表した幡身一坪の金銅幡がよく知られる。玉幡は広島・厳島(いつくしま)神社の「平家納経」の安楽行品(ぼん)の見返しに描かれた絵によって平安時代の姿をうかがい知ることができるが、当時の遺例はなく、金銅板製の幡足などに玉を用いた室町時代以降のものがほとんどである。

[原田一敏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

幡の関連情報

関連キーワード

プロセスアナリティカルテクノロジープロセス分析技術PATPAT認定試験ビリー・ザ・キッド/21歳の生涯富山国際アマチュア演劇祭とやま世界こども舞台芸術祭ビリー・ザ・キッド教父

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation