@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ヌサ】

デジタル大辞泉

ぬさ【幣】
祈願をし、または、罪・けがれを払うため神前に供える幣帛(へいはく)。紙・木綿(ゆう)などを使う。みてぐら。御幣(ごへい)。幣帛
旅の無事を祈って贈るもの。はなむけ。
「さて東に帰り下るころ、上下色々の―多かりしなかに」〈増鏡新島守

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へい【幣】
神前に供える布帛(ふはく)。みてぐら。ぬさ。
貢ぎ物。礼物。
紋所の名。御幣(ごへい)を図案化したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へい【幣】[漢字項目]
常用漢字] [音]ヘイ(漢) [訓]ぬさ みてぐら
神前に供える布。「幣帛(へいはく)官幣御幣奉幣
贈り物。貢ぎ物。「幣物(へいもつ)
通貨。銭。「幣制貨幣紙幣造幣
[名のり]しで

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まい〔まひ〕【幣】
謝礼として贈る物。また、神に供える物。まいない。
「若ければ道行き知らじ―はせむしたへの使ひ負ひて通らせ」〈・九〇五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

み‐てぐら【幣/幣帛】
《「御手座(みてぐら)」のという。「みてくら」とも》神に奉納する物の総称布帛(ふはく)・紙・玉・兵器・貨幣・器物・獣類など。また、のちには御幣をもいう。幣束。幣帛(へいはく)。ぬさ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぬさ【幣】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぬさ【幣】
神に捧げる供え物。また、祓はらえの料とするもの。古くは麻・木綿ゆうなどを用い、のちには織った布や紙を用いた。みてぐら。にぎて、幣帛へいはく。御幣ごへいこのたびは-もとりあへず手向山紅葉の錦神のまにまに/古今 羇旅
贈り物。特に、旅立ちのときの贈り物。 上下いろいろの-多かりし中に/増鏡 新島守

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へい【幣】
神前に供えたり祓はらえに用いたりする麻・木綿ゆう・帛はくなどの布。ぬさ。みてぐら。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まい【幣】
謝礼として贈る物。贈り物。また、神への供え物。 玉桙たまほこの道の神たち-はせむ/万葉集 4009

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みてぐら【幣】
御手座みてぐらの意という。みてくらとも
神に奉る物の総称。ぬさ。御幣。幣帛へいはく皇御孫の命のうづの-を称辞たたえごとへまつらく/祝詞 祈年祭

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぬさ【幣】
〘名〙
① 神に祈る時にささげる供え物。麻・木綿(ゆう)・紙などで作った。後には織った布や帛(はく)も用いた。旅に出る時は、種々の絹布、麻、あるいは紙を四角に細かく切ってぬさぶくろに入れて持参し、道祖神の神前でまき散らしてたむけた。後世、紙を切って棒につけたものを用いるようになる。みてぐら。にきて。幣帛(へいはく)。御幣(ごへい)
※万葉(8C後)一三・三二三六「山科の 石田の社の 皇神に 奴左(ヌサ)取り向けて 吾れは越えゆく 相坂山を」
※古今(905‐914)羈旅・四二〇「このたびはぬさもとりあへずたむけ山紅葉の錦神のまにまに〈菅原道真〉」
② 旅立ちの時のおくりもの。餞別。はなむけ。
※貫之集(945頃)八「みちの国の守平のこれみつの朝臣のくだるに、ぬさのすはまの鶴のはねにかける」
[語誌](1)神に捧げる供物をいうが、本来は供物の意味をもたない「しで(四手)」や「みてぐら」という言葉とも混同が起こったと考えられている。「みてぐら」は「霊異記」においてすでに供物として用いられており、混同が起こったとすると、その時期はかなり早いと思われる。ただし、「ぬさ」は普通、旅の途上で神に捧げる供物をいうのに対して、「みてぐら」は必ずしも旅に関係しないという傾向が見られる。
(2)供物を捧げる行為の面を名詞化した「たむけ」とも「万葉」のころから類義関係にある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へい【幣】
〘名〙
① 神前に供える幣帛(へいはく)。白色または金、銀、五色などの紙を段々に切り、竹や木の幣串(へいぐし)にはさんだもの。神前に供えたり、神主が祓(はら)いの時に用いたりする。みてぐら。ぬさ。ごへい。
※延喜式(927)一「奠幣案上神三百四座」
※虎明本狂言・釣狐(室町末‐近世初)「だんに五色のへいをたて、やくしの法をおこなひければ」
② 天子にささげる物品。服従のしるしとして献上する財物。みつぎもの。また、広く一般に、他人に贈る物品。つかいもの。進物。
※太平記(14C後)二〇「幣(ヘイ)を重し、礼を厚して召れけれ共、孔明敢て勅に応ぜず」 〔史記‐秦本紀〕
③ 紋所の名。①を図案化したもの。神宮幣、丸に幣などの種類がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まい まひ【幣】
〘名〙 謝礼として奉るもの。また、神への供え物。幣物(へいもつ)。贈り物。まいない。
※書紀(720)仁徳一一年一〇月(前田本訓)「河神、祟りて、吾(やつかれ)を以て幣(マヒ)と為り」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


ぬさ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

幣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation