@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

干潟【ひかた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

干潟
ひかた
千葉県北東部,旭市北西部の旧町域。九十九里平野北部にある。 1955年古城村,中和村,萬歳村の3村が合体して町制。 2005年旭市,海上町,飯岡町と合体して旭市となった。椿海という潟湖を,江戸時代初期に干拓して成立した新田開発村から発達。干八万石と呼ばれる米作地で,早場米で知られる。水田農業に依存してきたが,1951年大利根用水開通により,野菜の施設栽培が発達。長部地区には江戸時代に農村改革を指導した大原幽学居宅墓地がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

干潟
ひがた
tidal flat
満潮時には海面下に沈み,干潮時には海面上に現れる低平な粘土から成る土地。広さは干満の差および海岸地形に左右される。生物宝庫であり,水産業や環境保全の点からきわめて重要な役割を果す。東京内の千葉県側海岸,有明湾内には広大な干潟がみられたが,前者では埋立てが,後者では干拓が進み,急速にその面積が縮小した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

干潟
潮の満ち引きで水面から出たり入ったりすると泥の場所。海水河川などの淡水が混じり合い、多くの生き物が生息する。汚れた水を砂粒で浄化し、生息するバクテリアが有機物を分解魚介類や野鳥たちが海をきれいにする。光合成海中酸素を出し、生物を育む海草アマモ群生とともに、水質浄化機能が高く評価されている。
(2010-10-15 朝日新聞 朝刊 三重全県 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ひ‐がた【干潟】
海岸で潮がひいたときに現れる砂泥底。潮干潟 春》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひがた【干潟 tidal flat】
河口域や湾の奥部の潮間帯には,川から流れ出た砂泥が堆積し,広く平たんな砂泥地ができる。干潟とは,このような場所が干潮時,海面上に姿を現したものを指す。その成因から,干潟の砂泥は,きわめて豊富な栄養塩類や有機物を含んでいる。それにもかかわらず干潮時には,毎日2回は空気中にさらされるため,酸素が十分に供給され,生物にとって好適な環境をつくっている。 干潟には,ゴカイ類,二枚貝類などが,きわめて豊富にすみつき,コメツキガニなどのスナガニ類も多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひがた【干潟】
古くはひかた
潮が引いたときに現れる海岸の浅瀬。潮干潟。特に、陰暦三月三日頃の大潮のものをいう。 [季] 春。
[句項目] 干潟の鰯

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひ‐がた【干潟】
〘名〙 (古くは「ひかた」) 潮がひいて遠浅になった海岸。潮干潟。《季・春》
※海道記(1223頃)萱津より矢矧「猶この干潟を行ば、小蟹ども、おのが穴々より出て蠢き遊ぶ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

干潟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

干潟の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation