@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

干魃【かんばつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

干魃
かんばつ
drought
長期間にわたり降水がないか,あってもわずかであることによって起こる異常な乾燥状態。農作物干害,電力用水や都市用水の不足など,水不足が社会生活,経済活動などに与える影響は大きい。日本では梅雨または台風による雨が少ないと干魃になりやすい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

干魃
かんばつ
降水が異常に少なく、河川の水量も減少して、ダムや溜池(ためいけ)や井戸の水が涸(か)れる現象をいう。このために農作物や果樹の生育が損なわれ、ひどいときには枯死する。日本では空梅雨(からつゆ)のときにひどい干魃がおこり、田植などもできないことがある。冬に太平洋沿岸地方では、夏をしのぐほど干天が続くことがあるが、電力などは別にして、農作物は夏の水不足ほどの影響は受けない。これは、冬は夏に比べて水分の蒸散が少ないからである。
 日本の干魃の原因は、夏季に太平洋高気圧が一気に勢力を増して、日本付近を覆うためで、梅雨前線なども十分な雨を降らせないままに北上し、いわゆる空梅雨になることによる。干魃の程度は、比較的気温の高い西日本から沖縄県方面に著しく、北日本ではむしろイネは豊作に転ずることが多い。
 干魃は、太陽のエネルギーは十分すぎるほどにあることから、水分を補給する灌漑(かんがい)施設が整えば、その被害を防ぐばかりか、農作物は豊作に転ずることができる。多目的ダムなどが河川に設けられ、灌漑用水が確保されたので、農作物の干害は少なくなった。
 日本は周囲が海であり、比較的湿潤な気候であるので、干魃の年は局地的には不作の所があっても、イネなどは全般的には豊作な所が多く、このため「日照りに不作なし」などといわれる。しかし、人口の都市への集中が高まり、また生活様式の向上とともに生活用水の使用量が飛躍的に増加したため、大都市では生活用水の慢性的な水不足が問題となってきている。また沖縄では地形的に十分な貯水池を設ける余裕もなく、水不足が常習化している。
 昭和10年代以降の干魃の年をあげると、1939年(昭和14)(西日本、中部日本。干魃面積が広かった)、1947年(中部以西)、1951年(西日本、中部日本)、1967年(九州、四国)、1973年(全国的)、1978年(全国的であったが、とくに福岡地方での給水制限は翌年までにも及んだ)、1984年(全国)、1985年(中国~東北)、1994年(平成6)(全国)、1995年(沖縄~北陸)がある。
 また干魃の年には農作物に害虫の発生が多い。高温と干天が害虫の異常発生を促すといわれている。
 世界的にみると干害はもっとも規模の大きい災害である。アフリカの東部から中部にかけての干魃は、1970年代以降、断続的に続いている。この地帯は政情の不安もあって、600万の人々の飢餓の問題に発展している。そのほか、気候変動に伴い、アメリカ合衆国、インド、中国、ロシア、オーストラリアおよび周辺諸国などに規模の大きな干魃が頻発している。その結果、地球上から緑の地域がしだいに減少しているのは、人類の生存上大きな問題となっている。[安藤隆夫・饒村 曜]
『気象庁観測部編・刊『全国の干ばつの記録(明治以降)』(1992) ▽丸山浩明著『砂漠化と貧困の人間性――ブラジル奥地の文化生態』(2000・古今書院) ▽中村哲著『医者井戸を掘る アフガン旱魃との闘い』(2001・石風社) ▽高橋裕著『地球の水が危ない』(岩波新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

干魃」の用語解説はコトバンクが提供しています。

干魃の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation