@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

干鰯【ほしか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

干鰯
ほしか
いわしを干して魚肥としたもので,戦国時代より近代にいたるまで使用された購入肥料 (金肥) 。干産地は,江戸時代初期は九州,四国であったが,中期以降は房総三陸でも生産され,特に九十九里の干鰯生産量は多大であった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほしか【干鰯】
イワシ,ニシン,かずのこなどを干して乾かし固めた肥料。もと漁村でイワシ類のような大量漁獲物を自給肥料としていたものを,近世になって商品作物栽培が拡大するにつれ,効力が強いうえに運送しやすいこともあって,江戸,大坂,などの干鰯問屋を通じて,米・綿作に用いられた。大坂周辺農村ではすでに17世紀後半には一般零細農民の間にまで普及し,ときに農民と問屋との間に代銀支払問題が起こってきた。大坂の干鰯仲間は,もともと雑喉場(ざこば)の干魚仲間から分立したものであるが,近世前期において畿内はもちろん,その外郭地域の11ヵ国に送っている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

干鰯
ほしか

干鰮とも書く。古く日本で用いられていた魚肥で、日干しにしたり油を絞ったイワシのことで、イワシのほかにニシンも使う。現在はまったく用いられないが、購入肥料の首位の座を占めていた時代もあった。もともと日本は魚貝類の生産が豊富であったが、干鰯の肥料としての利用は局地的、自給的なものにとどまっていた。しかし、江戸時代後期になると養蚕、タバコ、ワタ(綿)などの商品作物の生産が拡大し、また海運の便がよくなったことにより干鰯の利用が一般化したが、とくに大坂周辺のワタ作をはじめとする商業的農業の発達が干鰯問屋を通し、その普及を早めた。田村仁左衛門吉茂が1841年(天保12)に著した『農業自得』によれば、「粕(かす)、干鰯、油粕、米ぬか等は皆上肥なれども使用にあたりては大小便、灰などと合せ用ひざれば能少し」と記されている。

[小山雄生]

『川崎一郎著『日本における肥料及び肥料智識の源流』(1973・日本土壌協会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

干鰯
ほしか
江戸時代,鰊・鰯などの乾燥肥料で,油粕とともに金肥(購入肥料)の中心
商品作物,特に木綿栽培の肥料として多く利用された。初めは九州・北国ものが多かったが,元禄(1688〜1704)ころから九十九里や三陸方面で発達,幕末は松前ものが支配し,商業的農業の発達をもたらした。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

干鰯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

干鰯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation