@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

平和共存【へいわきょうそん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

平和共存
へいわきょうそん
peaceful coexistence
社会体制を異にする国家間の共存関係を処理するうえでの一定の原則ないし政策。 1954年6月の中国=インド共同声明の平和五原則──領土主権相互尊重,相互不可侵,相互の内政不干渉,平等互恵,平和共存──に体現されている。本来この概念は,ロシア革命によって始った国際的激動の波がひとまず収まりソ連と外部世界の間に流動的な均衡関係が成立したとき,これに対応する政策としてソ連によって打出されたものである。第2次世界大戦後,社会主義体制の拡大,植民地支配の崩壊と多くの新興国の誕生とともに平和共存は現代国際関係の基本原則の一つであった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

へいわ‐きょうそん【平和共存】
《「へいわきょうぞん」とも》社会主義国と資本主義国という社会体制の違いはあるが、平和的に共存できるという考え。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

へいわきょうぞん【平和共存 peaceful co‐existence】
社会経済制度の異なる国が相互に平和的に生存しうるとする考え方。当初,主としてソ連圏で使われていた。マルクス主義古典は先進諸国で同時に発生する〈世界革命〉を予想していたが,1917年にはロシア一国で革命が発生した。レーニンは20年2月にはアメリカ人記者に向かって,自国の政策は〈あらゆる民族の労働者農民との平和共存〉であると語り,21年から西欧との経済・政治関係の修復を進めはじめた。25年12月の第14回党大会でスターリンは,〈ソ連と資本主義諸国との間のいわゆる平和共存の長い時期〉が到来したと述べ,初めて〈平和共存〉に積極的な意味づけを与えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

へいわきょうそん【平和共存】
イデオロギーや社会体制の異なる国が平和的に共存すること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

平和共存
へいわきょうぞん
peaceful coexistence
異なる社会体制をとる国が、軍事的な対立に至ることなく、平和的に共存する状態、またそのような状態が可能であることを説き、その実現を図る理論、運動、政策。資本主義と社会主義が激しく対立していた冷戦期に広く唱えられた。
 平和共存の考え方の萌芽(ほうが)は、ロシア革命後のレーニンの思想のなかにみいだすことができる。たとえば1922年にソビエト・ロシアがドイツと結んだラパロ条約は、平和共存政策の嚆矢(こうし)として位置づけられている。しかし、第二次世界大戦中の西側諸国との協力期間を除いて、その後のソ連は資本主義体制への危機到来を予測し続けるとともに、両体制間の衝突を不可避と考えていたため、平和共存の理論・政策が本格的な展開をみることはなかった。46年に経済学者バルガが、資本主義経済への重大な危機の到来は少なくとも10年間はないとしつつ、両体制間の戦争はもはや不可避ではないと述べて、平和共存論的考えを明らかにした際には、「改良主義者」として激しい非難を浴びた。
 ところが資本主義体制が強固に存続し、他方核戦争の脅威が増してくるなかで、ソ連では1953年のスターリンの死後、平和共存の考え方が有力になっていき、56年のソ連共産党20回大会以降、フルシチョフのもとで外交政策の基本路線として定着していった。一方、アジア・アフリカ諸国の間では、冷戦状況の深刻化につれて、平和維持のために両体制間の共存を望む声が高まり、54年6月に中国の周恩来(しゅうおんらい/チョウエンライ)首相とインドのネルー首相が発表した平和五原則のなかでも、平和共存の重要性が強調された。このように、50年代なかばから第三世界とソ連側とによって積極的に唱えられ始めた平和共存政策に対し、アメリカなどの西側諸国は当初警戒的姿勢を示したが、50年代末から60年代にかけて、冷戦からの「雪どけ」が現実に進行するなかで、しだいにそれを受け入れる姿勢を強めていった。
 こうして平和共存は現代の国際関係の基本的な枠組みとなったが、その名のもとに体制を超えた大国の現状維持姿勢が強まり、小国や弱小民族の現状変革の動きが抑えられる可能性もあるなど、さまざまな問題点も指摘されている。冷戦の終焉(しゅうえん)によって、平和共存の前提は大きく変化した。しかし国際体制のなかで、異質な存在との平和的な共存を求める姿勢の重要性そのものは変わっていない。[木畑洋一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

へいわ‐きょうぞん【平和共存】
〘名〙 社会体制の異なる資本主義の国と社会主義の国とが、平和的に共存できるという理論および政策。ソビエト連邦成立後、レーニンが主張。
※されどわれらが日々(1963)〈柴田翔〉二「ソ同盟の平和共存への前進、社会主義圏の優位などを背景として」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平和共存」の用語解説はコトバンクが提供しています。

平和共存の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation