@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

平均棍【へいきんこん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

平均棍
へいきんこん
haltere; balancer
ハエやなど双翅類昆虫胸部にある棍棒状の可動体。後翅が退化したもので,飛翔の際前翅とともに振動する。また静止中に独立して動く。体軸の回転に感じる平衡器官と考えられているほか,飛翔運動に関係する一種鼓膜器官であるというがある。平均棍を取除くと,飛翔が著しく不安定になるという。ネジレバネ (撚翅) 類の昆虫では前が平均棍に変形しているが,これは偽平均棍とも呼ばれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

へいきん‐こん【平均×棍】
ハエ・カ・アブの後ろ翅(ばね)が小さくなり、棍棒(こんぼう)状に変化したもの。可動で、飛翔(ひしょう)のさいの平衡をつかさどる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

へいきんこん【平均棍 haltere】
アブ,カ,ハエなど双翅(そうし)類の昆虫の後翅は変形して末端がふくらんだ棍棒状となり,平均棍となっている。飛行中,この平均棍は前翅と同じ振動数で上下振子のように振動する。これを固定したり,除いたりすると昆虫はただちに落下するので,飛行時のからだの平衡を保つ作用をしていることがわかる。この安定作用は,一部は平均棍自体の運動によるジャイロスコープ効果による可能性もあるが,主としてその基部に多数並んだ鐘状感覚子campaniform sensillaというひずみ感受型の感覚細胞のはたらきを通じての反射作用によることがわかっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

へいきん‐こん【平均棍】
〘名〙 感覚器官の一つ。ハエ(双翅)目の昆虫に見られる後翅の変形したもので短い棍棒状。体軸の回転運動を感知する平衡器官、または、飛翔運動に関係する反射弓の興奮伝達系として働くことなどが知られている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平均棍」の用語解説はコトバンクが提供しています。

平均棍の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation