@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

平城京【へいじょうきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

平城京
へいじょうきょう
「へいぜいきょう」ともいう。元明天皇藤原京から遷都した和銅3 (710) 年から桓武天皇が山城長岡京に移った延暦3 (784) 年までの 74年間の奈良市から大和郡山市にまたがる地に営まれた。の長安都城制を模してつくられ,南北9条 (約 4.8km) ,東西8坊 (約 4.3km) の面積もち,全域 72坊に区画設定されている。中央北域に大内裏おき,大内裏から南に走る朱雀大路によって東側は左京,西側は右京に分けられた。その一部の遺跡は 1954年から発掘が行われている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

へいじょう‐きょう〔ヘイジヤウキヤウ〕【平城京】
《「へいぜいきょう」とも》元明天皇の和銅3年(710)藤原京から遷都し、桓武天皇の延暦3年(784)長岡京に遷都するまでの間の都。現在の奈良市市街から西南方にあたる。東西約4.3キロ、南北約4.8キロ。の都長安をモデルとしたもので、中央を南北に走る朱雀大路(すざくおおじ)によって左京・右京に二分し、さらに南北・東西を大路・小路によって碁盤の目のように整然と区画した。ならのみやこ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へいぜい‐きょう〔‐キヤウ〕【平城京】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

平城京
 710年から784年まで奈良にあった都です。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

へいじょうきょう【平城京】
奈良時代の都城(図1,図2)。710年(和銅3)藤原京から遷都し,この間一時恭仁(くに)京,難波京などへの遷都もあったが還都し,784年(延暦3)に長岡京へ遷都するにおよんで廃絶した。京は南北4.8km,東西4.3kmにおよぶ平面をもち,その中央北端に平城宮をおき,中央には南北に朱雀大路を通して,京を左右にわけ,また左右京はそれぞれ条坊に区画されていた。道路は条坊にそくして東西・南北に作られ,方格の地割を形成していた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

平城京
へいじょうきょう

8世紀、約70年間にわたって奈良に営まれた都城。710年(和銅3)に藤原京から遷都してきて以来784年(延暦3)長岡京に遷(うつ)るまでの間であるが、藤原広嗣(ふじわらのひろつぐ)の乱(740)後の5年間ほどは難波(なにわ)を都としたため空白期間がある。奈良盆地の北端に位置しており、山背国(やましろのくに)(京都府)へ抜けると木津(きづ)・淀川(よどがわ)の水系につながり、山陽・山陰・北陸・東山道方面に連なる交通の要地であり、また南も大和川(やまとがわ)水系によって瀬戸内と連絡することができる位置を占めていた。

 平城京は条坊制を伴う古代都城の代表的なものの一つであって、天皇の居住地であり、かつ政府の官庁が営まれた平城宮を京の中央北端に設定し、その中軸線に沿って南へ、幅80メートルに及ぶ朱雀大路(すざくおおじ)が設けられていた。平城宮は、南北1キロメートル、東西1.3キロメートルを計り、中心に方形の、天皇の居所である内裏(だいり)を置き、その南に公的な政治・儀式の場である朝堂院を設けていた。各官庁はそれを巡る平城宮域内につくられていたのである。

 平城京は朱雀大路を中心に西に右京、東に左京を設け、さらに外京と称する張り出し部分を東に設けていた。この外京には興福寺(こうふくじ)、元興寺(がんごうじ)、葛城寺(かつらぎでら)などが営まれ、さらに外京の北東外には後ろに東大寺が営まれることになる。左右京、外京はそれぞれ、1辺500メートルほどの正方形の「坊」に区画され、坊はさらに1辺104メートルほどの正方形の「坪」に区画された。この坊を取り巻く道路は大路、「坪」を巡る道路は小路(こうじ)である。また坪の中はさらに細分化され32分の1坪などといった零細な宅地が区画されていた。これらの宅地は一般庶民や下級官人のものと思われ、月借銭(げっしゃくせん)という借金の担保として正倉院文書中に現れており、発掘調査でもかかる区画の存在が確認されている。このような小規模な宅地とは対照的に、1坪全部を占めるような貴族の宅地も存在したらしく、そのような遺跡の発掘事例も報告されている。

 このような平城京に居住した人口は、ほぼ17万人前後ではないかと推定されている。このうち五位以上の貴族は100人前後であり、その家族などを含めても1000人をそれほど超えるものではない。したがって、平城京に居住する大半の人間は、中・下級の官人と平城宮などに賦役(ぶえき)として働く雇夫(こふ)、仕丁(しちょう)、および一般庶民であると考えてよさそうである。

 ところで、平城京の経済活動は右京八条二坊と左京八条三坊に設置された東西の市(いち)(官営の市場)を中心に活発な動きを示していたが、けっして京の経済の中心は商業や手工業ではなかった。この点では平城京はギリシア、ローマの古代都市やヨーロッパの中世都市とはまったく異なった性格を帯びたものであったといえよう。少なくともその経済の中心は、平城京が天皇の居住地であり多数の官人(6000人ほどといわれる)の勤務地であったことによって、地方からの調庸(ちょうよう)物の貢納に依拠していたのである。平城京内の東西市の交易はかかる貢納経済を補うものであって、それが平城京の経済の基礎であったわけではないのである。

 このような平城京の経済構造は、律令(りつりょう)体制が動揺し、貢納体制が衰退してくるにつれて、矛盾を深めていくことになった。奈良時代の後半は平城京を中心にかなり激しいインフレーションが発生している。さらに政界も僧道鏡(どうきょう)の出現等をめぐって混乱を深めたため、新しい都城の建設が要請されることとなった。この結果、計画されたのが784年(延暦3)の長岡京遷都であったといわれている。なお、平城宮跡が1998年(平成10)、世界遺産の文化遺産として登録された(世界文化遺産。奈良の文化財は東大寺など8社寺等が一括登録されている)。

[鬼頭清明]

『田中琢編『平城京』(『古代日本を発掘する3』1984・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

へいじょう‐きょう ヘイジャウキャウ【平城京】
(「へいぜいきょう」とも) 元明天皇の和銅三年(七一〇)藤原京から移り、桓武天皇の延暦三年(七八四)長岡京に移るまでの間の都。この間天平一二年(七四〇)から同一七年までの間は恭仁京・難波京に遷都。現在の奈良市市街地の西・南方一帯にあたり、南北四・八キロメートル、東西四・三キロメートルの規模で、さらに東側に外京と呼ばれる張り出し部があった。唐の都の長安を模倣し、藤原京を原型として造成。東西南北に走る大路・小路により整然と区画されていた。大内裏から南に走る朱雀大路の東西を左京・右京に分けた。天平文化の中心地。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

平城京
へいじょうきょう
710年から784年までの都城。現在の奈良市街西方にあたる
「へいぜいきょう」とも読む。元明天皇の710年,藤原京から遷都。唐の長安の都城制を模倣し,東西南北に走る大路・小路によって整然と区画され,東西約4.3km,南北約4.8kmの長方形で,東に外京,右京に北辺があった。大内裏から南に走る朱雀大路 (すざくおおじ) の幅は約83m。市 (いち) は左・右京に東西2市を置き交易の中心とした。盛時の推定人口は約20万人。784年長岡京遷都後急速に荒廃した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平城京」の用語解説はコトバンクが提供しています。

平城京の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation