@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

平城天皇【へいぜいてんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

平城天皇
へいぜいてんのう
[生]宝亀5(774).8.15. 京都
[没]天長1(824).7.7. 京都
第 51代の天皇 (在位 806~809) 。奈良の帝ともいう。名は安殿 (あで) 。桓武天皇の第1皇子。母は太政大臣藤原良継の娘乙牟漏。延暦4 (785) 年皇太子となり,大同1 (806) 年即位,在位中無用の官吏を整理し政務の簡素化をはかった。同4年病のため弟嵯峨天皇に位を譲り上皇となった。尚侍藤原薬子を寵愛したため,その兄仲成がこれを利用して藤原氏の繁栄をはかった。仲成兄妹は弘仁1 (810) 年上皇の重祚を企てたが (→薬子の変 ) ,露見して仲成は誅に服し,薬子は毒を仰いで死んだ。上皇も薙髪し,同 12年空海から灌頂を受けた。陵墓奈良市佐紀町の楊梅 (やまもも) 陵。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

へいぜい‐てんのう〔‐テンワウ〕【平城天皇】
[774~824]第51代天皇在位806~809。桓武天皇の第1皇子。名は安殿(あて)。中央官制の縮小など政治の刷新に努めたが、病のため嵯峨天皇譲位。のち、薬子(くすこ)の変復位をはかったが失敗して出家。奈良の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

平城天皇 へいぜいてんのう
774-824 平安時代前期,第51代天皇。在位806-809。
宝亀(ほうき)5年8月15日生まれ。桓武(かんむ)天皇の第1皇子。母は藤原乙牟漏(おとむろ)。参議制を廃止して,観察使をおく。在位3年で同母弟嵯峨(さが)天皇に譲位するが対立。平城京にうつり「二所朝廷」とよばれた。藤原薬子(くすこ),その兄仲成の重祚(ちょうそ)の企てにのって失敗(薬子の変),仏門にはいった。天長元年7月7日死去。51歳。墓所は楊梅陵(やまもものみささぎ)(奈良市)。別名は安殿(あて)親王,日本根子天推国高彦天皇(やまとねこあめおしくにたかひこのすめらみこと)。
格言など】故郷(ふるさと)となりにし奈良の都にも色はかはらず花は咲きけり(「古今和歌集」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

平城天皇 へいじょうてんのう

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

へいぜいてんのう【平城天皇】
774‐824(宝亀5‐天長1)
第51代に数えられる平安初期の天皇。在位806‐809年。名は安殿(あて)。桓武天皇を父とし,藤原良継の女皇后乙牟漏(おとむろ)を母として生まれた。785年(延暦4)皇太弟早良(さわら)親王が藤原種継暗殺に連座して廃されたため皇太子となり,806年(大同1)即位した。父桓武天皇の平安京建設と蝦夷征討の大事業による国家財政の破綻を収拾するために,律令制の官司を大幅に整理し,地方の民情視察のため観察使を創設するなど政治に努めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

へいぜいてんのう【平城天皇】
774~824 第五一代天皇(在位806~809)。桓武天皇第一皇子。名は安殿あて、奈良の帝みかどとも。在位中官制の改革を行なった。病によって譲位。のち、重祚ちようそを企てる薬子くすこの変が起きた。詩文が「凌雲集」「古今集」に収められている。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

平城天皇
へいぜいてんのう
(774―824)
第51代とされる天皇(在位806~809)。名は安殿(あて)。桓武(かんむ)天皇の長子。母は皇后藤原乙牟漏(おとむろ)。785年(延暦4)皇太弟早良(さわら)親王が藤原種継(たねつぐ)暗殺事件に座して廃されたあと、皇太子となり、806年(大同1)即位。畿内(きない)七道に観察使を置いて地方政治に関する献策を行わせ、中央官司の大規模な整理統合を行うなど政治の刷新に努めたが、病のため809年弟の嵯峨(さが)天皇に譲位し上皇となり、平城の旧宮に引退した。その後、上皇は寵臣(ちょうしん)藤原仲成(なかなり)・薬子(くすこ)兄妹の意見をいれてしばしば国政に介入、「二所の朝廷」と称せられる事態が生じたため、810年(弘仁1)嵯峨天皇は平城宮に仕える官人を召喚、仲成を射殺した。上皇は兵を従えて東国に赴こうとして失敗、出家し、薬子は自殺した。上皇は以後政治に関与せず、824年(天長1)7月7日没、「日本根子天推国高彦尊(やまとねこあめおしくにたかひこのみこと)」の諡号(しごう)を受け、大和(やまと)国添下(そうのしも)郡の楊梅(やまもも)陵(奈良市佐紀(さき)町)に葬られた。[笹山晴生]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

平城天皇 (へいぜいてんのう)
生年月日:774年8月15日
平安時代前期の第51代の天皇
824年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

へいぜい‐てんのう ‥テンワウ【平城天皇】
第五一代天皇。桓武天皇第一皇子。名は安殿(あて)。母は皇后藤原乙牟漏(おとむろ)。在位中(八〇六‐八〇九)は政治の刷新に努めたが、病弱のため嵯峨天皇に譲位。のち、上皇として寵臣藤原仲成・薬子兄妹らと政治に介入、重祚を策したが失敗した。詩文をよくし、その詩歌は「凌雲集」「古今集」に収められる。宝亀五~天長元年(七七四‐八二四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

平城天皇
へいぜいてんのう
774〜824
平安初期の天皇(在位806〜809)
桓武天皇の皇子。809年,病気のため弟の嵯峨天皇に譲位。810年薬子 (くすこ) の変によって出家し,以後死ぬまで平城旧宮に住んだ。「奈良の帝」ともいう。在位は短かったが,参議廃止,観察使設置などを行った。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平城天皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

平城天皇の関連情報

関連キーワード

国中公麻呂イタリアのロンゴバルド族-権勢の足跡吉備由利空海ウランデシデリウス環境エネルギー問題(中国の)重度心身障害者(児)医療給付総本山善通寺と五岳山真言宗

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation