@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

平安【ヘイアン】

デジタル大辞泉

へい‐あん【平安】
[名・形動]
やすらかで変わったことのないこと。無事平穏なこと。また、そのさま。「心の平安を保つ」「平安な日々を送る」
手紙の脇付(わきづけ)の語。相手の名前の左わきに書いて、変事の知らせでないことを示す。平信

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へいあん【平安】
平安朝」「平安時代」の
平安京」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

へいあん【平安】
名 ・形動 [文] ナリ 
心身・国家・社会などが無事で穏やかである・こと(さま)。 旅の-を祈る 心を-に保つ =国家をして-ならしむるの天賦才徳を具する者/明六雑誌 10
手紙の脇付わきづけに用いる語。変事の知らせでないことを示す。平信。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へいあん【平安】
「平安京」「平安時代」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔愛知県〕平安(へいあん)

平安(へいあん)〔名古屋市北区〕
平安(へいあん)〔一宮市
平安(へいあん)〔海部郡蟹江町〕

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

へい‐あん【平安】
[1] 〘名〙
① (形動) 無事でおだやかであること。変わったこともなくやすらかであること。つつがないこと。いつもかわらないこと。また、そのさま。無事。平穏。安穏。
※続日本紀‐神亀五年(728)一二月己丑「金光明経六十四帙六百巻頒於諸国、〈略〉為国家平安也」
今昔(1120頃か)五「此の子共を師子に預け師子に預奉らむ。其の程其の程平安に護て置給へれば」 〔岑参‐逢入京使詩(三体詩)〕
② 封筒のあて名の脇付(わきつけ)に用いて、変事の知らせでないことを表わす語。
[2]
[二] 京都の別称

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平安」の用語解説はコトバンクが提供しています。

平安の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation