@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

平家琵琶【へいけびわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

平家琵琶
へいけびわ
日本の楽器名。『平家物語』を語る (→平曲 ) ときの伴奏楽器。形態,奏法などに楽琵琶盲僧琵琶とを折衷した面がみられる。形は楽琵琶に似ているが,それよりやや小型で,全長2尺2寸 (約 67cm) 以内,4弦5

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

へいけ‐びわ〔‐ビハ〕【平家××琶】
平曲」に同じ。
平曲の伴奏に用いる琵琶。雅楽の楽琵琶より小形で、4弦5柱(じゅう)。弦の柱と柱との間を左手で押さえて音を調節する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

へいけびわ【平家琵琶】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

へいけ‐びわ ‥ビハ【平家琵琶】
〘名〙
① 琵琶の種類。四弦、五柱で、形は楽琵琶よりも小さく、持ち歩きに便利。
② 「平家物語」を琵琶に合わせて語る音曲。後鳥羽天皇のころ、盲人生仏(しょうぶつ)が先行の音曲の曲節を集大成して語り始めたという。南北朝期に明石検校覚一が大成。応永~永享(一三九四‐一四四一)ごろ最も盛行。その曲節は謡曲・浄瑠璃などに流入した。平曲。平家。平語。
※蔗軒日録‐文明一七年(1485)四月一二日「雨、城三来談兵家比巴、共不妙、品朴直而已矣」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

平家琵琶
へいけびわ

平曲

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平家琵琶」の用語解説はコトバンクが提供しています。

平家琵琶の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation