@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

平家納経【へいけのうきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

平家納経
へいけのうきょう
清盛を中心とした平家一門が,厳島神社奉納した『法華一品経』。国宝。長寛2 (1164) 年の供養願文をもつ。『法華経』 28品,開経『無量義経』,結経『観普賢経』,さらに『阿弥陀経』『般若心経』各1巻の 32巻に願文を合せた計 33巻から成る。またこれを収めた金銀金具あしらった銅製経箱伝来。慶長7 (1602) 年の修理では,一具を収める蔦蒔絵唐櫃一合,および『化城喩品』『嘱累品』『願文』の表紙,見返し俵屋宗達風の図様に新調された。さらに昭和期の修理で『薬草喩品』の表紙,見返しが安田靫彦による彩絵に改められた。また料紙装飾には金銀箔,彩絵,染紙などさまざまの技法が駆使され,水晶の軸端,外題,発装には金銀透かし金具が使用されるなど,平安時代の装飾技術の集大成ともいうべき遺品である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

へいけ‐のうきょう〔‐ナフキヤウ〕【平家納経】
平清盛が平家一門繁栄を祈願して長寛2年(1164)に安芸(あき)国の厳島神社に奉納した経巻。法華経28巻に無量義経・観普賢経、および般若心経・阿弥陀経と清盛の願文を加えた33巻からなる。華麗な装飾経中の代表的逸品。国宝。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

平家納経
平安時代の装飾経。平清盛が平家一門の繁栄を祈願して厳島神社に奉納。国宝。広島、厳島神社所蔵。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

へいけのうきょう【平家納経】
平安末期,平清盛が一族32人に〈法華経〉28品(ほん)28巻と,その開経〈無量義経〉1巻,結経〈観普賢経〉1巻,〈阿弥陀経〉1巻,〈般若心経〉1巻の全32巻を書写させ,願文1巻を添えて,清盛みずから1164年(長寛2)安芸国宮島厳島(いつくしま)神社に奉納した装飾写経。各巻とも表紙は外題や発装(はつそう)部分に優美な金具を装し,見返しには経意を表した彩絵や模様が描かれ,本紙も表裏に金銀切箔や野毛(のげ)あるいは葦手(あしで)の文様を散らすなど,意匠をこらしている(現在は一部に後を混じえる)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

へいけのうきょう【平家納経】
平氏が一門の繁栄を祈って発願し、法華経などの写経に清盛の願文を添えて、1164年厳島神社に奉納したもの。全三三巻。平安後期に流行した装飾経の技術の粋を集めた豪華なもの。国宝。厳島写経。厳島経巻。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

平家納経
へいけのうきょう
平安後期の装飾経。国宝。広島・厳島(いつくしま)神社蔵。平清盛(きよもり)が平家一門の繁栄を祈願して1164年(長寛2)9月、厳島神社に奉納した経巻。『法華経(ほけきょう)』28品に開経(無量義経)と結経(けちきょう)(観普賢経)を加え、さらに具経(ぐきょう)の「般若心経(はんにゃしんぎょう)」「阿弥陀経(あみだきょう)」「願文(がんもん)」(各一巻)を加えた33巻を一具とする。これは、33の姿に変化(へんげ)して衆生(しゅじょう)を救うという、厳島神社の本地仏十一面観音(かんのん)の三十三応現身の思想に基づく。平安時代なかばから貴族社会に流行した、いわゆる「一品経供養(いっぽんきょうくよう)」の流れをくむ遺品で、清盛自筆の願文から、重盛(しげもり)・頼盛(よりもり)・経盛(つねもり)ら一門32人がそれぞれ一巻あて結縁(けちえん)して、善美の限りを尽くした写経であることが知られる。各巻の書写は、1人1巻ないし数巻の分担執筆で、なかには優れた能書の筆跡も含まれる。また、各巻ともに表紙、見返し、料紙、発装(はっそう)金具、紐(ひも)、軸など、すべて当代の絵画・書跡・工芸の最高技術を駆使した華麗な装飾を施し、平家の栄華を反映して余すところがない。また、これら一具を納める金銀荘雲竜文(きんぎんそううんりゅうもん)銅製経箱、さらにこの経箱を納める蔦蒔絵唐櫃(つたまきえからびつ)も一括して国宝に指定されている。[神崎充晴]
『小松茂美著『平家納経の研究』(1976・講談社) ▽小松茂美著『平家納経の世界――国宝の謎を推理する』(1976・六興出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

へいけのうきょう ヘイケナフキャウ【平家納経】
広島県佐伯郡宮島町の厳島神社に長寛二年(一一六四)平家一門が奉納した経巻。全三三巻。法華経二八巻、無量義経・観普賢経・阿彌陀経・般若心経および平清盛自筆願文各一巻。平家の繁栄を祈り一族が一品一巻を分担して写経・製作したもので、各巻意匠を異にし、当代工芸技術の粋を集めている。付属の経箱、経箱を納める唐櫃(からびつ)ともに国宝。同神社蔵。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

平家納経
へいけのうきょう
厳島 (いつくしま) 神社に奉納された,平家一門の手による写経
別名『厳島納経』。『法華経』など32巻と清盛の願文1巻。1164年,清盛が一門の現当2世(現在と未来)にわたる繁栄を祈って発願。経巻は荘厳・善美を尽くしたもので装飾経中の逸品である。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平家納経」の用語解説はコトバンクが提供しています。

平家納経の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation