@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

平山城【ひらやまじろ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

平山城
ひらやまじろ
城地の地形による分類の一形態。独立丘陵,小山または連山の峰とその山麓一帯に構築物が設けられた。山や丘の高さには明確な基準はない。典型的な例は,姫路城松山城などで,通常は山上に本丸,山麓にかけて諸郭が造られた。近世大名の居城が多い。 (→平城 , 山城 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひらやま‐じろ【平山城】
平野部にある丘陵を利用して本丸を築き、周囲外郭を設けた城。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひらやまじろ【平山城】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひらやまじろ【平山城】
築城形式の一。地形の高低が守城戦に有利になるように設計され、丘・台地などに築かれた城。 → 平城山城

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひらやま‐じろ【平山城】
〘名〙 平地にある丘を利用して築いた城。
※街道記‐ささやま街道(1956)〈井伏鱒二〉「方型のこの平山城(ヒラヤマシロ)としては、〈略〉二層程度の櫓を置いた方が」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひらさん‐じょう ‥ジャウ【平山城】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

平山城
ひらやまじろ
安土桃山時代,平野のなかの起伏を利用して築かれた城
中世の自然の険を利用した山城から江戸時代の交通の便利な平野につくられた平城への移行期に現れた城で,安土桃山時代に多く築かれた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平山城」の用語解説はコトバンクが提供しています。

平山城の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation