@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

平徳子【たいらのとくこ】

世界大百科事典 第2版

たいらのとくこ【平徳子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たいらのとくこ【平徳子】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

平徳子
たいらのとくこ
(1155―1213)
建礼門(けんれいもんいん)。平清盛(きよもり)の次女で、母は平時信(ときのぶ)の女(むすめ)時子。1171年(承安1)高倉(たかくら)天皇の女御(にょうご)に、翌年には中宮(ちゅうぐう)になった。78年(治承2)には言仁(ときひと)親王(後の安徳(あんとく)天皇)を生み、のち建礼門院と称した。1183年(寿永2)7月の平氏都落ちには安徳天皇とともに同行したが、85年(元暦2)3月の壇(だん)ノ浦(うら)(下関(しものせき)市壇之浦町)の海戦で入水(じゅすい)、助けられて帰京ののちは、吉田の律師実憲(りっしじつけん)の坊に入り真如覚(しんにょかく)と号した。のち吉田野津御所(よしだのづのごしょ)(京都市左京区吉田)、さらに大原寂光(おおはらじゃっこう)院(同左京区大原草生町)に移って仏に仕え、建保(けんぽう)元年12月13日その生涯を終えた。1187年(文治3)には源頼朝(よりとも)から、平宗盛(むねもり)の遺領摂津国真井(まい)・島屋(しまや)両庄(しょう)を贈られている。[鈴木国弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たいら‐の‐とくこ〔たひら‐〕【平徳子】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

平徳子 たいらの-とくこ

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

平徳子
たいらのとくこ
建礼門院」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たいら‐の‐とくこ【平徳子】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

平徳子
たいらのとくこ

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平徳子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

平徳子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation