@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

平敷屋朝敏【へしきやちょうびん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

平敷屋朝敏
へしきやちょうびん
[生]1700
[没]1734. 安謝港
琉球の和文学者。首里の士族で,父の跡を継ぎ平敷屋の地頭となる。和歌や琉歌にすぐれ,士族の若い男女の恋を扱った組踊『手水の』,擬古文『貧家記』『の下』などを残した。尚敬王の 22年磔刑に処せられた。役人を非難する投書をしたこと,首里対那覇の派閥争い,高貴な女性との愛情問題などがその理由といわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

平敷屋朝敏 へしきや-ちょうびん
1701*-1734 琉球の和文学者。
尚貞王32年11月23日生まれ。屋良宣易(やら-せんえき)の。禰覇親雲上(ねはぺーちん)朝文の子。父の目をつぎ,平敷屋村の地頭となるが,当時の三司官(長官)蔡温(さい-おん)を中傷したとして尚敬王22年6月26日処刑された。35歳。擬古文の物語「若草物語」「苔の下」「貧家記」「万歳」のほか,組踊(くみおどり)「手水の縁」をのこした。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

平敷屋朝敏
へしきやちょうびん
(1700―1734)

近世沖縄の和文学者。尚文徳(しょうぶんとく)・弥覇親雲上(ねはぺーちん)朝文(ちょうぶん)(1678―1706)の妾腹(しょうふく)に生まれる。6歳で父に死別後、母方の祖父の和文学者屋良宣易(やらせんえき)(1658―1729)に養育されて大きな影響を受けた。「平敷屋・友寄(ともよせ)事件」といわれる事件により34歳で八付(はっつけ)(磔(はりつけ))の極刑に処せられた。この事件の内容は不明だが、当時の三司官蔡温(さいおん)らへの王府体制批判ではないかといわれている。

 作品には『伊勢(いせ)物語』風の四編の擬古文物語『貧家記』『若草物語』『苔(こけ)の下』『万歳』、一編の組踊(くみおどり)『手水(てみず)の縁』、ほかに多くの琉歌(りゅうか)がある。『手水の縁』は謀反人の作ということで長く上演を禁止されていたが、現在組踊中唯一の恋愛物であり、若い男女の激しい恋をテーマに独自の思想を展開させ、王府の踊り奉行(ぶぎょう)として忠孝節義を下敷きにした玉城朝薫(たまぐすくちょうくん)の作品と際だった対照を示している。

[當間一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

平敷屋朝敏 (へしきやちょうびん)
生年月日:1700年11月23日
江戸時代中期の和文物語作者
1734年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平敷屋朝敏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

平敷屋朝敏の関連情報

関連キーワード

ブルボン朝農書(農業に関する書物)ラマッツィニクレメンス11世組踊シャルダンボルテール前古典派音楽J・S・バッハ(年譜)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation