@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

平櫛田中【ひらくし でんちゅう】

美術人名辞典

平櫛田中
彫刻家。岡山県生。名は倬太郎。初め大阪の人形師中谷省古に学び、のち上京して高村光雲に入る。日本彫刻会創立に加わり、第一回展の出品岡倉天心に認められた。東美校教授。帝室技芸員・芸術院会員。文化功労者。文化勲章受章。昭和54年(1979)歿、107才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

ひらぐし‐でんちゅう【平櫛田中】
[1872~1979]彫刻家。岡山の生まれ。本名、倬太郎(たくたろう)。高村光雲師事し、日本美術院再興に参加。写実的な作風で、彩色木彫が多い。文化勲章受章。作「鏡獅子」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

平櫛田中 ひらくし-でんちゅう
1872-1979 明治-昭和時代の彫刻家。
明治5年1月15日生まれ。30年上京して高村光雲にまなぶ。40年日本彫刻会を結成,同会展の出品作で岡倉天心にみとめられた。日本美術院再興につくす。昭和19年東京美術学校(現東京芸大)教授。彩色木彫作品がおおい。37年文化勲章。昭和54年12月30日死去。107歳。岡山県出身。旧姓は田中。本名は倬太郎。作品に「転生(てんしょう)」「鏡獅子(かがみじし)」など。
【格言など】六十,七十はなたれこぞう,おとこざかりは百から百から(99歳での書「不老」の添書き)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ひらくしでんちゅう【平櫛田中】
1872‐1979(明治5‐昭和54)
彫刻家。岡山県に生まれる。本名倬太郎。初め田仲と号した。10歳で平櫛家の養子となった。大阪で中谷省古に木彫を学び,1897年上京して高村光雲に師事した。早くから日本美術協会,東京彫工会などで活躍し,文展にも第1回展から出品した。1907年山崎朝雲,米原雲海らと日本彫刻会を結成,岡倉天心に認められた。第5回文展で《維摩一黙》が三等賞となったが,14年日本美術院の再興に参加し同人となり,《禾山笑》《転生》《五浦釣人》(天心先生像)などを発表して,院展彫刻部で指導的役割を果たした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひらくしでんちゅう【平櫛田中】
1872~1979 彫刻家。岡山県生まれ。本名、倬太郎。東京芸大教授。高村光雲に木彫を学び日本美術院の再興に尽力。彩色木彫作品が多い。作「鏡獅子」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

平櫛田中
ひらくしでんちゅう
[生]明治5(1872).6.30. 岡山,後月
[没]1979.12.30. 東京,小平
彫刻家。旧姓田中,平櫛家の養子となる。本名倬太郎。大阪に出て人形師の中谷省古に師事。 1897年上京して高村光雲に木彫を学び,1907年に米原雲海,山崎朝雲らと日本彫刻会を組織,08年同会第1回展に出品した『活人箭』で岡倉天心に認められた。文展にも第1回展から出品。 14年に再興日本美術院の同人となり,院展彫刻の中心作家として活躍。帝室技芸員,東京芸術大学教授,日本芸術院会員,文化功労者となり,62年に文化勲章受章。主要作品『維摩一黙』 (1911) ,『五浦釣人』 (30) ,『鶴しょう』 (42,東京国立近代美術館) ,彩色木像『鏡獅子』 (58,同) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

平櫛田中
ひらくしでんちゅう
(1872―1979)
彫刻家。岡山県生まれ。本名倬太郎。大阪で人形師中谷省古に木彫技術を、1897年(明治30)上京して高村光雲(こううん)に木彫を学んだ。早くから日本美術協会、東京彫工会などで活躍し、文展にも第1回展(1907)から出品している。1908年(明治41)岡倉天心(てんしん)の指導のもとに山崎朝雲(ちょううん)、米原雲海(よねはらうんかい)らと日本彫刻会を結成。14年には日本美術院の再興に参加、彫刻部同人として活躍した。37年(昭和12)帝国芸術院会員、44年帝室技芸員。44~52年東京芸術大学教授を務め、官展の審査員も務めた。55年(昭和30)文化功労者、62年文化勲章受章。練達した彫技法に基づく写実的な作風が特色で、おもな作品に『転生(てんしょう)』『天心先生像』『降魔』『鏡獅子(かがみじし)』などがある。69年、生地井原市に井原市立田中美術館が開設され、72年から彫刻振興のための平櫛田中賞が設定されている。[三木多聞]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひらぐし‐でんちゅう【平櫛田中】
彫刻家。本名倬太郎。岡山県出身。高村光雲に師事。また、岡倉天心の指導で日本彫刻会を起こす。大正三年(一九一四)日本美術院の再興に参加。木彫の伝統的技術に立脚した写実的な作風と精密な肖像を特色とする。日本芸術院会員。東京芸術大学教授などを歴任。文化勲章受章。代表作「転生」「鏡獅子」。明治五~昭和五四年(一八七二‐一九七九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

平櫛田中
ひらぐしでんちゅう
1872〜1979
大正・昭和期の彫刻家
本名倬太郎 (たくたろう) 。岡山県の生まれ。東京美術学校で高村光雲に師事。日本美術院同人として活躍。木彫を中心とした伝統彫刻の代表作に『天心先生』『鏡獅子』などがある。日本美術学校教授,日本芸術院会員を歴任。1962年文化勲章受章。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平櫛田中」の用語解説はコトバンクが提供しています。

平櫛田中の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation