@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

平王【へいおう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

平王
へいおう
Ping-wang; P`ing-wang
[生]?
[没]平王51(前720)
中国,周第 13代の王 (在位前 771~720) 。名は宜臼 (ぎきゅう) 。幽王の子。母は申侯 (しんこう) の子の申后。父が褒じ (ほうじ) への愛におぼれ,太子宜を廃したので申侯が怒り,犬戎とともにに侵入して幽王を殺した。その結果宜臼は申侯や諸侯に推されて即位し,西・北方の異民族の侵入を逃れて都を東方洛邑 (河南省河南県) に移した。それ以後東周といい,斉,などが強大となり,春秋時代を迎える。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

へい‐おう〔‐ワウ〕【平王】
中国、の第13代の王。在位、前770~前720。父幽王が犬戎(けんじゅう)に敗れたのち、前770年、乱を避けて都を鎬京(こうけい)から洛邑(らくゆう)(のちの洛陽)に移した。これをに、以前を西周、以後を東周とよぶ。生年未詳。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

へい‐おう ‥ワウ【平王】
中国、周第一三代の王(在位前七七〇‐前七二〇)。名は宜臼。幽王の子。紀元前七七〇年、蛮族の侵入を避けて都を鎬京(こうけい)から東の洛邑(らくゆう)に移した。以後を東周という。前七二〇年没。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平王」の用語解説はコトバンクが提供しています。

平王の関連情報

関連キーワード

高・貴おわします印・標・験置・措・擱形・容先・前捨・棄整・調・斉守・護

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation