@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

平等院【びょうどういん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

平等院
びょうどういん
京都府宇治市の宇治川河畔にある寺院。天台,浄土両宗に属し朝日山と号する。藤原道長の別荘をその子頼通が譲り受け仏寺としたもので,永承7 (1052) 年に本堂翌年鳳凰堂 (国宝) を造立。その後法華堂,多宝塔,宝蔵などが建てられたが,延元1=建武3 (1336) 年兵火で焼け,室町時代の衰運を経て,現在では鳳凰堂,観音堂鐘楼だけが残る。鳳凰堂は阿弥陀浄土を具現化したもので,壁面は,『九品来迎図』や『日想観図』などの板絵 16面 (国宝) や雲中供養仏で飾られている (→平等院鳳凰堂壁扉画 ) 。本尊阿弥陀如来坐像』は定朝の作 (1053,国宝) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

平等院
藤原道長の長男で、摂政・関白として権勢を誇った頼通(よりみち)が1052年に創建した。1053年に落成した鳳凰堂はその阿弥陀堂で、外観は鳳凰がを広げた姿を模したと言われ、10円硬貨に刻まれている。国宝74点があり、1994年に世界遺産に登録された。
(2010-04-17 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

びょうどう‐いん〔ビヤウドウヰン〕【平等院】
京都府宇治市にある天台宗浄土宗系の単立寺院。山号は朝日山。藤原道長の別荘であったものを永承7年(1052)道長の子頼通が寺に改め、翌年阿弥陀堂(鳳凰堂)を建立開山明尊。阿弥陀堂や堂内にある定朝作の阿弥陀如来像、51体の雲中供養菩薩などは国宝梵鐘日本三名鐘の一つ。平成6年(1994)「古都京都の文化財」の一つとして世界遺産文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

平等院
京都府宇治市にある寺院。宗派は天台宗・浄土宗系の単立。山号は朝日山。本尊は阿弥陀如来。1052年、藤原頼通が別荘「宇治院」を寺としたもの。10円玉の表面に描かれる鳳凰堂(阿弥陀堂)は国宝。他にも数多くの文化財を保有。「古都京都の文化財」の一部としてユネスコの世界文化遺産に登録。「宇治平等院」とも呼ばれる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

びょうどういん【平等院】
京都府宇治市にあり,現在は天台浄土系の単立寺院。朝日山と号する。本尊阿弥陀如来。藤原頼通が父道長から伝領した別荘の宇治院を,末法(まつぽう)初年にあたる1052年(永承7)寺に改め,翌年に中心伽藍となる阿弥陀堂(鳳凰堂)を建て,定朝作の丈六の阿弥陀座像を安置したことにはじまる。以来平安末まで,摂関家氏寺として一門崇敬を受け,師実,忠実らによる諸堂塔の建立も続いて,全盛期を築いた。阿弥陀堂はさながら現世の浄土のようで〈極楽いぶかしくば,宇治の御堂(みどう)を礼すべし〉とまでいわれ,経蔵は《一切経》のほか天下の名宝が納められ,3月3日の一切経会は摂関家一門の参詣で大いににぎわった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

世界の観光地名がわかる事典

びょうどういん【平等院】
アメリカのハワイ州オアフ島、霧深いコオラウ山の、カネオにある寺院。1968年に日本人移民100周年を記念し、宇治の平等院を模して建てられた。朱色の建物は、日本国外では最大の日本庭園に囲まれ、1万尾以上のコイが2エーカーの池で泳ぎ、野生孔雀が敷地内を歩き回っている。鐘楼(しょうろう)・茶室・日本庭園にはもあり、線香の香りも気持ちを落ち着かせてくれる。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

平等院
びょうどういん

京都府宇治(うじ)市宇治蓮華(れんげ)にある単立寺院。山号は朝日山(あさひさん)。本尊阿弥陀如来(あみだにょらい)。宇治は『源氏物語』の「宇治十帖(じょう)」の地であり、古来、山紫水明で、左大臣源融(とおる)が別業(べつぎょう)(別荘)宇治院を営んだことは名高い。それはのち、六条左大臣源重信を経て藤原道長の手に移り、たびたび遊宴が催された。宇治院(宇治殿とも)は道長より子頼通(よりみち)へ譲られるが、末法の初年とされた1052年(永承7)頼通は寝殿を仏殿(本堂)とし、翌年、宇治川の西岸に阿弥陀堂が建立された。東から西の極楽(ごくらく)浄土を望む位置に建てられ、阿字(あじ)池には翼廊付きの御堂(みどう)を配置し、堂内には定朝(じょうちょう)作の阿弥陀坐像(ざぞう)を安置するなど、極楽浄土を観想する当時の浄土思想に基づいてつくられた。初代の執印(しついん)(開山)は園城(おんじょう)寺の明尊(みょうそん)大僧正(そうじょう)。以後、1056年(天喜4)に法華(ほっけ)堂、1061年(康平4)に多宝塔、1066年(治暦2)に五大堂が造立された。頼通の没後、娘の四条宮藤原寛子(かんし)が住した。

 宇治は古代から交通の要衝で、646年(大化2)道登(どうと)が架橋した。1180年(治承4)源三位(げんさんみ)頼政(よりまさ)が園城寺に兵をあげ、奈良へ赴く途中宇治で平氏と戦い、平等院で自害した。梶原景季(かじわらかげすえ)と佐々木高綱の先陣争い(1184)も有名であり、承久(じょうきゅう)の乱(1221)では上皇方と北条方の対峙(たいじ)の所となった。建武(けんむ)年間(1334~38)楠木正成(くすのきまさしげ)が足利尊氏(あしかがたかうじ)と戦ったとき付近一帯を焼き、平等院も鳳凰(ほうおう)堂、観音(かんのん)堂、鐘楼を残し焼失した。なお、鎌倉時代、西大寺叡尊(えいそん)は平等院の僧の勧めで、宇治橋修造、網代(あじろ)撤廃(殺生(せっしょう)禁断)を行い、浮島に十三重石塔を建てた。室町時代に近江(おうみ)(滋賀県)の三井寺円満(えんまん)院門主が兼務したが、明応(めいおう)年間(1492~1501)浄土宗の栄久上人(しょうにん)が管理し、浄土・真言(しんごん)・天台宗が対立し、浄土宗の浄土院と天台宗寺門派の最勝院の管理となり、現在、西院の住職が3年交替で代表役員を務めている。

[田村晃祐]

文化財

阿弥陀堂(国宝)は江戸時代初期より鳳凰堂とよばれた。屋上の銅製の鳳凰によるとか、中堂に両翼廊・尾廊をもつ建物の形が鳳凰を思わせるところからその名があるといわれる。中堂は桁行(けたゆき)三間、梁間(はりま)二間で裳階付(もこしつき)入母屋(いりもや)造、翼廊は桁行各折曲り延長八間、梁間一間の二階切妻造で、隅に宝形(ほうぎょう)造の楼閣があり、左右対称形をなす。背後に桁行七間、梁間一間一階の尾廊をもち、内部の荘厳(しょうごん)とともに平安時代の芸術の粋を尽くした名建築である。本尊阿弥陀如来坐像(国宝)は1053年(天喜1)定朝の晩年の作で、寄木(よせぎ)造、漆箔(はく)を施し、定印を結ぶ。華麗な飛天の光背をもち、木造の天蓋(てんがい)(国宝)の下、九重の台に座し、円満な顔、広く薄い胸、法衣の衣文(えもん)など貴族の趣味にあった和様彫刻の完成を示す名品である。堂内の長押(なげし)上の小壁には奏楽・歌舞をなす51躯(く)の雲中供養菩薩(ぼさつ)像(国宝)がかけられている。扉と板壁の「九品来迎(くほんらいごう)図」「日想観図」など壁扉(へきひ)画(14面、国宝)、本尊後壁壁画などで荘厳されている。また梵鐘(ぼんしょう)(国宝)は日本三名鐘の一つとして有名。観音(かんのん)堂(釣殿(つりどの))とその本尊十一面観音像は国指定重要文化財、庭園は回遊式庭園、境内は史跡・名勝に指定されている。1994年(平成6)、世界遺産の文化遺産として登録された(世界文化遺産。古都京都の文化財は清水寺など17社寺・城が一括登録されている)。

[田村晃祐]

『『古寺巡礼 京都8 平等院』(1976・淡交社)』『田口栄一著『名宝日本の美術9 平等院と中尊寺』(1982・小学館)』『太田博太郎他編『平等院大観』全3巻(1988~91・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

平等院
(京都府宇治市宇治蓮華116)
美しき日本―いちどは訪れたい日本の観光遺産」指定の地域遺産。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

びょうどう‐いん ビャウドウヰン【平等院】
京都府宇治市宇治蓮華にある天台・浄土系単立寺院。山号は朝日山。源融(みなもとのとおる)の別荘跡で、のち藤原道長の山荘宇治殿となり、子の頼通が継承、永承七年(一〇五二)寺とする。本堂の阿彌陀堂は藤原美術の粋を集めた華麗な建築で鳳凰堂と呼ばれる。本尊の阿彌陀如来坐像は定朝(じょうちょう)作。日本三名鐘の一つといわれる梵鐘は形の美しさで知られ、鳳凰堂・本尊とともに国宝。境内入口にある扇の芝は源頼政が自決した所。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

平等院
びょうどういん
京都府宇治市にある寺院
関白藤原頼通 (よりみち) が,末法初年にあたる1052年,宇治川のほとりにあった自分の別荘を寺にしたもの。源平合戦以来しばしば戦火にあい,境内には鳳凰堂・観音堂を残すのみである。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平等院」の用語解説はコトバンクが提供しています。

平等院の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation