@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

平絹【ひらぎぬ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

平絹
ひらぎぬ
絹織物の一種。ほぼ同じ太さの生糸を,経に1~2本,緯に2~3本を引きそろえて平織にしたもの。江戸時代に,上質で重目のものを羽二重 (はぶたえ) といい,軽目のもので,裏地に使用するものを平と呼ぶようになり,一般に和服胴裏をさすようになった。これをウコンで下染めし,ベニバナで色に染めたものを特に紅絹 (もみ) という。最近は,化学繊維類が多量に使われているため,平絹の名はほとんど使われない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひら‐ぎぬ【平絹】
平織りの絹織物薄地で、和服の裏地などに用いられる。へいけん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へい‐けん【平絹】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひらぎぬ【平絹】
後練絹織物。生糸を経緯に使って平織したものを生絹(きぎぬ)といい,これを精練したものを平絹,練平絹,地絹と呼ぶ。片羽二重よりも品質の落ちる生糸を密度をあらく織ったもの。無撚で織るので風合いが柔らかく,糸使いによって生地の重さの種類は多い。平安時代の貢献布の絹,白絹,縑(かとり),絁(あしぎぬ)はこの類である。また,玉糸を緯に使った玉緯絹,玉糸を経緯に用いた玉絹,緯糸に絓糸(しけいと),熨斗糸(のしいと)を織った絓絹,太織などは平絹に属する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ひら‐ぎぬ【平絹】
〘名〙 平織りの絹織物。へいけん。
※公忠集(986‐999)「五位の蔵人(くらびと)なりけるを、位さらせ給ひにければ、ひらぎぬのさうぞくになりて参りたりけるを見て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へい‐けん【平絹】
〘名〙 平織りの絹織物。ひらぎぬ。
※西宮記(969頃)一七「女蔵人、平絹唐衣、下濃裳」
※竹むきが記(1349)下「本院御方、御直衣、へいけんの薄鈍(うすにび)を奉る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平絹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

平絹の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation