@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

平舘海峡【たいらだてかいきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

平舘海峡
たいらだてかいきょう
青森県北部,津軽半島下北半島の間にある海峡。北の津軽海峡陸奥湾の二つの海域をつなぐ。平均幅約 11kmで,北海道函館市と青森県青森市フェリーで結ぶ重要な海上交通路となっている。海峡の両側は,山地が海に迫り急崖をなす。津軽半島側の明神崎には明治2(1869)年に設置された平舘灯台がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たいらだて‐かいきょう〔たひらだてカイケフ〕【平舘海峡】
青森県北部、津軽半島下北半島との間にある海峡。幅11キロメートル。付近はタラの好漁場として知られ、ホタテガイ養殖も盛ん。本州と北海道を結ぶ海上交通の要路。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たいらだてかいきょう【平舘海峡】
青森県の津軽半島と下北半島の間にあり,陸奥湾と津軽海峡をつなぐ幅約11kmの海峡。北海道と本州をつなぐ青函航路が通り,連絡船をはじめ各種船舶が航行し,日本の交通幹線上の要路にあたる。また,1980年からは,津軽半島の蟹田(かにた)と下北半島の脇野沢を結ぶフェリーが就航している。西岸の平舘村に平舘灯台がある。【横山

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

平舘海峡
たいらだてかいきょう

青森県北部、津軽半島と下北半島間にある海峡。北は津軽海峡、南は陸奥(むつ)湾に続く。海峡幅は約11キロメートル、中央部の水深50~90メートル。本州と北海道を結ぶ連絡船の航路にあたり、津軽半島の明神崎に平舘灯台があり、フェリーや沿岸漁船の航海・操業の安全に寄与している。

[横山 弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平舘海峡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

平舘海峡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation