@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

平重衡【たいらのしげひら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

平重衡
たいらのしげひら
[生]保元2(1157).京都
[没]文治1(1185).6.23. 奈良
平安時代末期の武将。左近衛権中将,従三位。父は清盛。治承4 (1180) 年平家討伐の軍を起した源頼政を宇治川の戦いで破り大功を立てた。次いで園城寺や南都の反平氏勢力を一掃したが,奈良を攻撃した際,民家に放火したのがもとで,興福寺,東大寺が全焼,東大寺の大仏の首も焼け落ちた。そのため仏敵として僧侶をはじめ貴族らの非難を受けた。寿永3=元暦1 (84) 年源範頼,義経らと一ノ谷に戦って敗れ (→一ノ谷の戦い ) ,梶原景時従卒に捕えられ鎌倉に護送された。源頼朝はその器量に感じ入り厚遇した。平家滅亡後,東大寺興福寺が仏敵として彼の引渡しを要求。奈良に護送され木津川川辺で斬首され,奈良坂にさらし首にされた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たいら‐の‐しげひら〔たひら‐〕【平重衡】
[1157~1185]安末期の武将清盛の子。源頼政を宇治川で破り、東大寺興福寺を焼いた。のち、一ノ谷の戦いで敗れ、捕らえられて鎌倉へ送られたが、南都僧徒の要求により木津川で斬られた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

平重衡 たいらの-しげひら
1157-1185 平安時代後期の武将。
保元(ほうげん)2年生まれ。平清盛の5男,母は平時子。治承(じしょう)4年南都攻撃の総大将となり東大寺,興福寺を焼き打ち,翌年源行家軍をやぶりその功で従三位となった。一ノ谷の戦いで捕虜となり鎌倉に護送されたが,元暦(げんりゃく)2年6月23日南都側の要求で木津川畔できられた。29歳。
【格言など】願わくは逆縁を以て順縁とし,只今の最期の念仏によって,九品蓮台(くほんれんだい)に生(しょう)をとぐべし(「平家物語」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

防府市歴史用語集

平重衡
 平清盛[たいらのきよもり]の5男で、1180年に奈良を焼きうちしました。しかし、一の谷[いちのたに]の戦いで捕りょになり、奈良に送られる途中で処刑されました。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たいらのしげひら【平重衡】
1157‐85(保元2‐文治1)
平安末期の武将。清盛の子。従三位左近衛中将。剛勇をもってなり,1180年(治承4)5月源頼政を宇治に破り,12月東大寺・興福寺を焼いた。84年(元暦1)一ノ谷の戦で捕らえられる。後白河法皇は重衡を説いて宗盛に三種の神器の返還を交渉させたが実現せず,のち鎌倉に送られる。85年6月,東大寺・興福寺両寺の衆徒の要求で奈良に送られる途中木津川で斬首された。【田中 文英】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

平重衡
たいらのしげひら
(1157―1185)

平安後期の武将。平清盛(きよもり)の五男。1180年(治承4)の南都焼打ち事件の総大将として著名。「武勇の器量に堪う」と評され(玉葉(ぎょくよう))、81年(養和1)尾張墨俣(おわりすのまた)川の合戦で源行家(ゆきいえ)を破る。同年その功で従三位(じゅさんみ)、左中将となる。しかし、84年(元暦1)一ノ谷の合戦で敗北し、捕らえられた。のち和平交渉の仲介にあたるも不調。鎌倉に護送され、源頼朝(よりとも)のもてなしを受けるが、南都側の要求により、元暦(げんりゃく)2年6月23日、木津(きづ)川で斬(き)られた。

[樋口州男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たいら‐の‐しげひら【平重衡】
平安末期の武将。清盛の五男。治承四年(一一八〇)源頼政を宇治川に破り、また東大寺、興福寺を攻めてこれを焼き払った。のち、一ノ谷の戦いで敗れ、捕えられて鎌倉に送られたが、東大寺、興福寺衆徒の要求で奈良に連行され、木津川で斬られた。保元二~寿永四年(一一五七‐八五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

平重衡
たいらのしげひら
1157〜85
平安末期の武将
清盛の子。1180年反平氏勢力が蜂起したとき,南都北嶺堂衆を中心として平氏に反抗したので重衡が,兵を率いて東大寺・興福寺を攻め大仏殿などの伽藍 (がらん) を焼打ちした(南都焼打ち)。平家軍の中心として活躍したが,一の谷の戦いで捕らえられ,のち奈良に移送される途中斬首された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平重衡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

平重衡の関連情報

関連キーワード

アンドレイ・ボゴリュプスキー浜松大空襲建礼門院右京大夫七条院浄瑠璃寺セルジュークトルコフリブール北条政子リチャード

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation