@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

平鹿【ひらか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

平鹿
ひらか
秋田県南東部,横手市中西部の旧町域。横手盆地にある。 1956年浅舞町と吉田村が合体して平鹿町が成立。 1957年醍醐村を編入。 2005年横手市,増田町,雄物川町,大森町,十文字町,山内村,大雄村の7市町村と合体して横手市となった。中心集落の浅舞は,江戸時代からこの地方の商業の一中心地として栄え,六斎市も開かれた。米を多産する一方,水田畑地に転換する複合化経営も進む。醍醐地区はリンゴ産地養豚養鶏も行なわれ,鶏卵の出荷も多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ひらか【平鹿】
秋田県南東部、横手市の地名。横手盆地南部に位置し、リンゴを特産。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

平鹿
ひらか
秋田県南東部、平鹿郡にあった旧町名(平鹿町(まち))。現在は横手市平鹿町で、市の中部を占める。旧平鹿町は、横手市の南西方に位置する。1956年(昭和31)浅舞(あさまい)町と吉田村が合併して成立。1957年醍醐(だいご)村を編入。2005年(平成17)増田、雄物川(おものがわ)、大森、十文字(じゅうもんじ)の4町および山内(さんない)、大雄(たいゆう)の2村とともに横手市に合併。JR奥羽本線と国道13号、107号が通じる。横手盆地の南部を占め、耕地がよく開け、米作のほかリンゴ栽培が行われる。リンゴは平鹿リンゴとして知られ、醍醐地区には県の果樹試験場がある。養豚、養鶏も盛んで、多頭・多数羽飼育の傾向がある。中心地区の浅舞には約400年の伝統をもつ朝市があり、毎月1、4、6、8のつく日に開かれる。醍醐地区の荒処(あらどころ)に伝わる梵天行事(ぼんてんぎょうじ)は、地区の灌漑(かんがい)用水をまかなう弁天池へ青壮年者が梵天を担いで入るもので、選択無形民俗文化財。[宮崎禮次郎]
『『平鹿町郷土誌』(1969・平鹿町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひらか【平鹿】
秋田県の南東部の郡。雄物(おもの)川の中流域にあり、横手盆地の南半部を占める。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平鹿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

平鹿の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation