@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

年分度者【ねんぶんどしゃ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

年分度者
ねんぶんどしゃ
平安時代初期の頃から仏教出家修行を年ごとに限定する制度が行われ,1年間に出家することを認められた人のことをいう。その人々の選定には試験が行われ,厳格な修行学習とが課せられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ねんぶん‐どしゃ【年分度者】
平安時代、毎年、一定数を限って出家を許された者。初期には、試験に及第した者を各宗に割り当て、教義を学ばせた。年分学生。年分者。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ねんぶんどしゃ【年分度者】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

年分度者
ねんぶんどしゃ

鎮護国家の目的で出家を官許された僧尼の一類。毎年正月御斎会(ごさいえ)にあたり宮中で得度(とくど)式を行った。696年(持統天皇2)12月、宮中金光明会(こんこうみょうえ)に備え毎年末浄行(じょうぎょう)者10人の得度を定めたのに始まり、本来新年の攘災(じょうさい)招福のためであったらしい。798年(延暦17)年分度者のきびしい資格、試験を定めた。806年(大同1)には天台宗2人を含め南都諸宗に配分し計12人で、835年(承和2)に真言宗3人を許した。その後も若干の増員があり、また特定の寺に割り当てることもした。

[菅原昭英]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ねんぶん‐どしゃ【年分度者】
〘名〙 仏教各宗で、一年間に得度を許される人数を定め、一定の試験をして及第者のみを得度させ、所定の教義を学ばせたもの。毎年一定数を得度させる制は、すでに持統一〇年(六九六)から毎年一〇名を限り「例得度」として行なわれたが、明確な認定基準は存在しなかった。延暦二五年(八〇六)に一二名と定められた。後には新立の宗派や各寺院にも割り当てられるようになった。年分。
※三代格‐二・嘉祥三年(850)一二月一四日「応加年分度者二人事」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

年分度者」の用語解説はコトバンクが提供しています。

年分度者の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation