@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

年功序列【ねんこうじょれつ】

デジタル大辞泉

ねんこう‐じょれつ【年功序列】
勤続年数や年齢が増すに従って地位や賃金が上がること。「年功序列型賃金」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

年功序列
ねんこうじょれつ
能力,業績といった貢献度合いを基準とせずに,勤続年数 (年功) を昇進昇給の判断材料や基準にすること。日本に特徴的な制度 (慣行) といわれるが,通常は単純に勤続年数だけでなく学歴,年齢なども加味される。このような制度が日本で普及したのは,終身雇用制とともに企業への忠誠心を高めようとしたこと,勤続 (経験) 年数を熟練形成の要素とみなしえたこと,過剰労働力を背景に初任給をはじめ若年者の賃金抑制が意図されたことなどと関連している。 1955年頃からの技術革新の急進展,高度成長,産業構造の変動と労働力構成の変化に伴って人事・賃金制度とも年功制から労働の質量に応じたものへの見直しが進んでいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ねんこう‐じょれつ【年功序列】
〘名〙 勤続年数、年齢が増すにしたがい地位が上がっていくこと。または、その体系。〔流通革命(1962)〕
※タテ社会の人間関係(1967)〈中根千枝〉三「明治以来の日本の近代化への歴史全体を通じて、〈略〉年功序列制━終身雇用制への志向がみられる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四字熟語を知る辞典

年功序列
勤続年数、年齢が増すにしたがい地位が上がっていくこと。または、その体系。

[使用例] 明治以来の日本の近代化への歴史全体を通じて、〈略〉年功序列制―終身雇用制への志向がみられる[中根千枝*タテ社会の人間関係|1967]

[使用例] 今後は入居者の決定にあたって年功序列に従わないようにするべきだ[古井由吉*影|1971]

出典:四字熟語を知る辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

年功序列」の用語解説はコトバンクが提供しています。

年功序列の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation