@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

年周運動【ねんしゅううんどう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

年周運動
ねんしゅううんどう
annual motion

太陽の周りを公転運動している地球から太陽方向を眺めると、地上からは昼間の空が明るくて確認できないが、背景の星々が太陽に対して東から西にゆっくり移動し、1年かけてふたたび元の位置に戻ってくる。星々を基準にして考えれば、太陽が1年かけて天球上を一周しているともいえる。これを年周運動といい、天球上の太陽の通り道を黄道という。年周運動は1年(約365日)で360度という動きなので、1日の動きは約1度になる。日常使っている時刻は太陽の動き(日周運動)に基づいているので、たとえば、毎日正午に太陽を見ると、太陽はいつもほぼ南中している。一方、毎晩同じ時刻に星空を見ると、年周運動のために、星空は1日に約1度ずつ東から西にずれていく。別の言い方をすれば、同じ星が地平線から昇る時刻、地平線に沈む時刻は1日に約4分(日周運動で角度の約1度に相当)ずつ早くなる。

[岡崎 彰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ねんしゅう‐うんどう ネンシウ‥【年周運動】
〘名〙 地球の公転運動により、恒星が一年間で天球を一周するように見える現象。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

年周運動」の用語解説はコトバンクが提供しています。

年周運動の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation