@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

年季奉公【ねんきぼうこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

年季奉公
ねんきぼうこう
年切奉公ともいう。一定年限の間,住込み奉公すること。中世の日本では人身永代売買が広く行われていたが,江戸時代に入って幕府が永代売買を厳禁したため中世的な下人奉公は少くなり,期限付き売買としての年季奉公が一般的となった。さらに給金前借形式の年季奉公とか,職業習得のために一定期間主家に働く徒弟奉公などの形態も多くみられた。 12世紀以降の西欧におけるギルドで行われた徒弟制度一種の年季奉公といえる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ねんき‐ぼうこう【年季奉公】
年限を定めてする奉公。年切り奉公。年季勤め

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ねんきぼうこう【年季奉公】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

年季奉公
ねんきぼうこう

使役年限を予約した奉公(主従的雇用労働)関係。江戸時代以来、人身の永代売買や身分的な永代下人奉公は一般に禁制されてきたが、「年限」を決めての人身の「質入れ」や「身売り」はなお容認された。それゆえ、初期の奉公人には「年季身売り奉公」や「年切り質奉公」の形が多くみられ、年季がきて「本金(借銭)」を返済すると、身柄は戻された。いわゆる「本金返し」の身売り奉公契約で、「年季質物奉公」も実質的には同じで、もちろん奉公中の労働に対価は認めてもらえず、雇主(金主)の使役のままに従った。しかしやがて、奉公中の労働に対価観念が生じて、「本金返し」にその分を加味したり、あるいは「質奉公」では「居消質(いげししち)」と称して、奉公中の労賃と借銭を相殺するような形も生まれた。こうした動きと相関して、「前借(ぜんしゃく)年季奉公」、つまり奉公年限を予約し、その給金をいちおう査定して「前借」する形がしだいに一般化していくが、これらもなお「身売り奉公」とよばれ、とくに遊里の婦女年季奉公などはほとんどそうであった。これらは実質上「居消質奉公」「年季身売り奉公」とさして変わりもなかった。もちろん、反面、労賃をあらかじめ定めて一定期間奉公労働に服するという契約的な年季奉公の発生もかなり古く、日雇奉公労働の形さえ一部には生じていた。ともかく江戸時代の農家奉公人が「年季奉公」の形を通例としたのには、以上のような事情が働いていたのである。江戸末期以降は農家奉公人も「年切り奉公人」、つまり1年契約の形に多く移行し、「出替り」と称するその交代日も地方ごとに生じたが、なお数年継続の形も多かった。商人、職人の徒弟制度の「年季奉公」は別趣で、むしろ職能の習得自立の修業過程として重視されたが、奉公中の労働に対価観念が生じなかった点には似た点もある。ともかく、江戸末期以後は農家奉公人にも前借の制約を伴わぬ年季・年切り奉公の形が一般化したが、対等の契約による賃労働には、なおほど遠いものであった。

[竹内利美]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ねんき‐ぼうこう【年季奉公】
〘名〙 年季を定めてする奉公。年季勤め。年切奉公。年季。
※浄瑠璃・大職冠(1711頃)道行「年季奉公致した時より、我らと夫婦の契約」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

年季奉公」の用語解説はコトバンクが提供しています。

年季奉公の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation