@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

年寄衆【トシヨリシュウ】

デジタル大辞泉

としより‐しゅう【年寄衆】
貞享3年(1686)以前における議奏(ぎそう)
大名家の家老
江戸幕府の老中
江戸時代、町村内の行政をつかさどる役人

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

としよりしゅう【年寄衆】
議奏ぎそうの異名。
家老。
江戸幕府の職名。天和・貞享(1681~1688)以後、正式の名称としては老中がこれに代わって用いられるようになった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

としより‐しゅう【年寄衆】
〘名〙 (「としよりしゅ」とも)
① 貞享三年(一六八六)一二月以前における「ぎそう(議奏)」の称。〔貞享三年新撰公家要覧(1686)(古事類苑・官位一〇)〕
② 家老。
※信長公記(1598)一一「刀根山御取出御見舞として、御年寄衆ばかり召列れらる」
③ 老中。〔日葡辞書(1603‐04)〕
④ 江戸時代の、町村内の行政をつかさどる役人。庄屋・名主に次ぐ役。
※仮名草子・尤双紙(1632)下「くすみたる物のしなじな〈略〉としより衆(シュ)の参会」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

年寄衆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

年寄衆の関連情報

関連キーワード

形而上学叙説井原西鶴小田原藩ビジャープール王国吉田半兵衛頭・天窓入目現・顕

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation