@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

年次有給休暇【ねんじゆうきゅうきゅうか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

年次有給休暇
ねんじゆうきゅうきゅうか
労働者に毎年一定日数の休暇有給で付与する制度労働基準法 39条によれば,使用者は (1) 1年間継続勤務し,その全労働日の8割以上出勤した労働者に対し,継続または分割した 10労働日の有給休暇および (2) 2年以上の勤続者に対しては1年をこえる勤続年数1年につき1労働日を,10労働日に加算した有給休暇 (ただし最高は 20日) を,それぞれ労働者の請求する時季に与えなければならない。ただし,請求された時季に有給休暇を与えることが事業の正常な運営を阻害する場合においては,使用者は時季変更権を行使しうる。なお各労働者の年休日のうち5日をこえる部分については,労使協定により各人の年休取得日を集団的に調整し,決定する計画年休制度が認められている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ねんじ‐ゆうきゅうきゅうか〔‐イウキフキウカ〕【年次有給休暇】
1年ごとに労働者に与えられる有給休暇労働基準法は、6か月間継続勤務し、全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、使用者は1年間に10~20日間の有給休暇を与えるように定めている。年休。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人材マネジメント用語集

年次有給休暇
・annual leave with pay
・労働基準法39条で規定されている休暇のことであり、その休暇については使用者は賃金を支払わなければならない休暇のことを指す。所定休日とは別に労働者にできるだけまとまった休みを与え、心身疲労を回復させ、労働力の維持を図ることを目的としている。
・労働基準法では、6ヶ月間継続勤務し、且つ全労働日の8割以上出勤した労働者に対して10労働日を付与しなければならない。
・さらに、1年の継続勤務するごとに、継続勤務2年6ヶ月までは1年を超えるごと1労働日ずつ加算され、継続勤務3年6ヶ月目からは2労働日ずつ加算される。
法定では20労働日になるとそれ以上は加算されないが、企業によって上限を超える設定を妨げるものではない。
・また、パートタイマーなどの非正社員も一定の要件を満たせば有給休暇が支給される。有給は事前に会社に届出を出して取得するケースが一般的である。

出典:(株)アクティブアンドカンパニー

世界大百科事典 第2版

ねんじゆうきゅうきゅうか【年次有給休暇】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ねんじ‐ゆうきゅうきゅうか ‥イウキフキウカ【年次有給休暇】
〘名〙 その年度ごとに定められた有給の休暇。労働基準法では継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対し、使用者は継続または分割して一〇~二〇の労働日の有給休暇を与えるように定めている。年次休暇。年休。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

年次有給休暇
ねんじゆうきゅうきゅうか

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

年次有給休暇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

年次有給休暇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation