@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

年爵【ねんしゃく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

年爵
ねんしゃく
年給の一つ。天皇をはじめ,上皇以下公卿にいたる人々が,叙位のときに,一定人員を,従五位下に叙することを申請する権利を与えられた。これを年という。申請者は,に叙せられたものから叙料を徴収した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ねん‐しゃく【年爵】
年給の一。平安時代以降、上皇三后(さんこう)東宮親王などの所得とするために、毎年一定数の叙爵希望者を募って推薦させ、名目だけの従五位下に叙して、叙任された者にその叙料を納めさせた制度。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ねんしゃく【年爵】
平安時代以降おこなわれた売官の一種で,ある人の栄爵を申請した皇族・貴族が,その爵を得た者から利益を得る制度。平安中期以前に成立したもので,上皇・女院・三后・東宮・准后に年に栄爵1人の権利が与えられた。与える栄爵は五位がふつうだが,四位の例もある。給主の得分は明らかでないが,叙料を収めるのだろうという。年給土田 直鎮】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ねん‐しゃく【年爵】
〘名〙 (「ねんじゃく」とも)
① 院・三宮・准后に許された、一定数の人員について従五位下への叙位(叙爵)または従五位下以上の位階からの昇叙(加階)を請求する権利。それによって近親者を叙爵、加階したり、叙料を得たりすることができたもの。→年給①・年官年爵年爵年官
※小右記‐永観二年(984)一二月三日「去朔日一条故摂政北方被年爵・内外官三分一人宣旨
② 年齢と爵位。〔晉書‐何遵伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

年爵
ねんしゃく
平安時代に行われた一種の売官制度。➡ 年官・年爵

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

年爵
ねんしゃく

年給

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

年爵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

年爵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation