@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

年給【ねんきゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

年給
ねんきゅう
平安時代から始った封禄制度の一種年官年爵とを合せて年という。毎年,叙位除目のとき,天皇以下公卿以上はその身分に従って,一定の官位に一定の人員を申請する権利をもった。叙位,任官希望はその申請権をもつ者に,叙料,任料を差出して官位を得るという一種の売官制度。9世紀中頃に,食封 (じきふ) 制度の衰退に伴って現れ,内給,院宮給,親王給,公卿給の4種があった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ねん‐きゅう〔‐キフ〕【年給】
1年を単位として定めた給料。年俸(ねんぽう)。
《「年料給分」の略》年官年爵を給すること。売官売位の一。この給与を受けた者(給主)は意の者をその地位につけ、任料・叙料を得ることができた。給主の地位により内給(天皇)・院宮給・親王給・公卿給・典侍給などのがあった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ねんきゅう【年給】
平安時代以降おこなわれた売官制度。貴族に人の叙位・任官を申請する権利を与え,申請者(給主という)が,任叙される者から利得を得る制度。官職を給するものを年官,位階を給するものを年爵という。給主は内給(天皇の年給),院宮給,親王給,公卿給などにわかれ,それぞれ定数があり,ほかに臨時給もあるほか,複雑な慣例・規定があった。年給は平安時代初期から律令俸禄制度がくずれてきたので,その代りとして起こったが,このために官職位階が公然と利権視され,政治の乱れを激しくした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

年給
ねんきゅう

年料給分の略称。天皇、太上(だじょう)天皇(院)、三宮(さんぐう)(三后(さんこう)とも。皇后、皇太后、太皇太后)、東宮(とうぐう)、准后(じゅごう)より、親王、内親王、女御(にょうご)、公卿(くぎょう)に至るまで、毎年給付する年官、年爵をいう。年官とは、春の県召除目(あがためしのじもく)で地方官(外官(げかん))、秋の司召(つかさめし)除目で京官(内官)を申請する権利を与えること。年爵とは、叙位(じょい)の際、叙爵(従(じゅ)五位下)を申請する権利を与えることで、これは院宮に限られる。年官、年爵を与えられた給主は、官や爵(位)を望む者を募り、申請して叙任し、そのかわりに任料、叙料を徴収して個人の得分とする。このように年給は、官や爵を一種の持ち株として個人に給(たま)わったもので、売位・売官の制度にほかならない。この制は9世紀中ごろから食封(じきふ)制度が崩れて、皇族の経済生活が窮乏してきたために考案され、宇多(うだ)天皇の寛平(かんぴょう)年間(889~898)には確立し、10世紀中ごろまで盛行したが、以後は国司制度の崩壊とともにしだいに衰退していった。その年給の種類と給数は、内給(掾(じょう)2人、目(さかん)3人、史生(ししょう)20人)、院宮・准后給(掾1人、目1人、史生3人、内官1人、爵1人、三宮・准后には女爵一人を追加)、親王・内親王給(目1人、史生1人)、女御給(目1人、史生1人)、尚侍(ないしのかみ)給(目1人、史生1人)、典侍(ないしのすけ)給(史生1人)、掌侍(ないしのじょう)給(史生1人)、公卿給は関白(かんぱく)・太政(だいじょう)大臣(目1人、史生3人)、左右内大臣(目1人、史生2人)、大中納言(目1人、史生1人)、参議(目1人、史生1人)である。

[渡辺直彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ねん‐きゅう ‥キフ【年給】
〘名〙
① (「年料給分」の略) 年官と年爵。これを許された者(給主)は任意の者を一定の地位につけることができ、近親者を任官・叙位させたり、任料・叙料を得たりすることができた。給主の地位に従って内給(天皇)・院宮給・親王給・公卿給・女御給などの別がある。年官年爵。年爵年官。
※九暦‐逸文・天暦七年(953)正月一四日「依仰故右大臣年給、欲伊勢之間、公主重煩給之由告来」
② 一年を単位として定めてある俸給。年俸。
※太閤記(1625)六「豆腐屋になれよとて、大豆百俵年給し侍き」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

年給
ねんきゅう
平安時代に行われた一種の売官制度。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

年給」の用語解説はコトバンクが提供しています。

年給の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation