@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

年越し【としこし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

年越し
としこし
年の。また新年前夜やそのときの行事暦法改変によって,12月末日,小正月の前夜,節分つまり立春の前夜などと,年の境の期日は移動している。この日は,年縄,年棚,鏡などの正月飾りをすませ,門松も立て終り,歳神を迎える準備を整えて鎮守に行って年籠りをするとか,家々ではいろり大火を焚いて起き明かすなどの行事を行なった。寺では除夜の鐘を打つ。正月はもとはと並ぶ祖霊祭の機会であったが,めでたい祭りと考えるようになったため,暮れのうちに魂祭をすませるところが多い。神社では大祓 (おおはらえ) をする。昔は太陽が沈んでから次に沈むまでを1日としたので,年越しの夜はすでに正月に入っており,そのため夕飯がすんでからあらためて正式食事のにつくことがある。これが年越膳で,今日では形ばかりの尾頭つきの魚を食べたりする。また,江戸で流行した年越そばを食べる習慣が根づいて一般化している。なお,単にごちそうを食べる日を何々年越しと呼ぶこともあり,七草の前日を六日年越しなどと呼ぶのはその一例である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とし‐こし【年越し】
[名](スル)
旧年から新年に移ること。また、その変わりめの、大晦日(おおみそか)の夜。「旅行先で年越しする」 冬》
節分の夜。また、その夜に行う行事。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

としこし【年越し】
オオトシ(大年),トシノヨ(年の夜)などともいう。1年の境目の大晦日の夜のことで,年の改まりに際しての年神祭や年重ねに関する行事がある。古くは1日の境は夕暮れどきにあったといわれるが,年越しの行事も多くは大晦日の夕方から始まる。すでにすす払いも終わり,しめ縄をも引き回した屋内年神を迎え,年棚に神酒,餅,魚,野菜などを供えて,その前で家族揃って正式の食事をする所がかつては多かった。元日朝にはその神饌を下げて家族一同でいただくことによって年神の霊威各人の身につき,新しい年を一つ加えることができると考えられていたのである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

としこし【年越し】
スル
大晦日おおみそかを過ごし正月を迎えること。また、大晦日の夜。 [季] 冬。
節分の夜。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

年越し」の用語解説はコトバンクが提供しています。

年越しの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation