@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

年金信託【ねんきんしんたく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

年金信託
ねんきんしんたく
企業 (団体) からその従業員の退職年金給付にあてる資金の管理,運用目的として信託会社が引受ける制度。 (1) 適格年金信託,(2) 厚生年金基金信託 (調整年金) ,(3) 非適格年金信託があり,(1) (2) は単独運用指定金銭信託に限定されるが,(3) は単独運用指定金銭信託だけでなく特定金銭信託合同運用指定金銭信託などさまざまである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ねんきんしんたく【年金信託】
年金給付のための資金の管理・運用など一切の運営を包括的に受託する信託。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

年金信託
ねんきんしんたく
企業等から拠出された掛金を管理運用して従業員等に年金給付を行う信託。日本では1962年(昭和37)の税法改正で、掛金の損金算入が認められてから急速に発展した。税法の要件を満たすものは適格年金とよばれる。1965年から調整年金(一定要件を備えた企業年金で、国家の厚生年金保険の一部を代行するもの)も発足した。制度的には年金数理を使い信託方式によって年金給付を行うが、単独運用指定金銭信託の一種で、信託業務を営む銀行だけに取扱いが認められた。巨額の資金を運用する年金信託は、社会保障の一環を担うとともに、機関投資家としても証券市場に大きな影響力をもっている。2008年(平成20)3月末時点で、その受託残高は36兆3706億円に及んでいる。[麻島昭一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

年金信託」の用語解説はコトバンクが提供しています。

年金信託の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation