@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

年魚【ネンギョ】

デジタル大辞泉

ねん‐ぎょ【年魚】
《生まれて1年以内に死ぬ魚の意》アユの別名。
釣りで、その年に生まれた魚。できうお。
《産卵後すぐに死ぬので、1年で死ぬと思われていたところから》サケの古名。〈和名抄

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あゆ【年魚】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ねんぎょ【年魚】
生まれて一年以内に(産卵して)死ぬ魚。アユ・シラウオなど。
アユの異名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

年魚
ねんぎょ
寿命が短く、原則として生後1以内に産卵して死亡するの総称。年魚はアユ、シラウオワカサギなど特定の種類に限られ、とくにアユをさすことが多い。アユは秋に生まれて、春から夏に若アユとしてよく成長する。夏の終わりから成熟を始めて、10~11月を中心にサビアユ(錆)となって産卵したのち死亡する。また、サケは春に生まれてその年に産卵して死ぬと考えられていたことから、古語ではサケをさす。[落合 明・尼岡邦夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

年魚 (アヤメカサゴ)
学名:Sebastiscus albofasciatus
動物。フサカサゴ科の海水魚

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

年魚 (アユ)
学名:Plecoglossus altivelis
動物。アユ科の遡河性魚

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ねん‐ぎょ【年魚】
〘名〙 (孵化(ふか)後一年で寿命を迎えて死ぬ魚)
① 魚「あゆ(鮎)」の異名。《季・夏》 〔十巻本和名抄(934頃)〕
② (産卵後に死ぬので、一年で死ぬと思われたところからいう) 魚「さけ(鮭)」の異名。〔本草和名(918頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

年魚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

年魚の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation